vol.24『リズと青い鳥』山田尚子監督 名古屋舞台挨拶

「再び集結!」

あんな静かな映画館は久々だった。

唾を飲み込むことさえも躊躇われるほど。

音ひとつひとつを聞き逃すまいと、劇場にいる全員が思っていた。(たぶん)

その理由は後ほどお話しするとして…。

今回ご紹介する、映画『リズと青い鳥』は、高校生の青春を描いた武田綾乃の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」がアニメーション映画化されたもの。

制作は、映画『聲の形』で様々な賞を受賞した京都アニメーション。

監督・山田尚子、脚本・吉田玲子、キャラクターデザイン・西屋太志、音楽・牛尾憲輔など、『聲の形』のメインスタッフが集結しました。

名古屋の舞台挨拶には山田監督とチューバくんが登壇。

上映前のお客さんに映画が楽しみになる撮影秘話を語ってくれました。

※チューバくんは、TVアニメ「響け!ユーフォニアム」に登場するキャラクター。山田監督がデザインしたそう。

リズと青い鳥

「リズも青い鳥も」

あの子は青い鳥。

広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。

だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、

何も気づいていないふりをした。

北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、

フルートを担当する傘木希美。

高校三年生、二人の最後のコンクール。

その自由曲に選ばれた“リズと青い鳥”にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。

「なんだかこの曲、わたしたちみたい」

屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、

希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。

「親友」のはずの二人。

しかし、オーボエとプルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

リズと青い鳥 リズと青い鳥

「リズと青い鳥」という童話と、現実世界が交互に描かれ、“リズと少女(青い鳥)”、“みぞれと希美”の感情がだんだんリンクしていきます。

童話と現実、画のタッチが違って、二作品見ているようなお得感もあるし、(どちらの画もとても好み。)

リズと少女(青い鳥)の声を、一人ニ役で本田望結ちゃんが演じているのも良かったです。

山田監督は、

「一人二役というのは、心の中で決めていて、ふとプロデューサーとお話ししているときに、“本田望結ちゃんはどうかな?”となって。本田望結さんのお声って、すごく透明だし、すごく無垢なものがあって、あと聞いただけで彼女だってわかる可愛らしい声だと思っていたので、ダメ元でお願いしてみました。希美とみぞれの現実世界とおとぎ話の世界の住みわけがすごく素敵にできたんじゃないかと思います。」

監督のおっしゃる通り、童話(おとぎ話)のやわらかで淡い世界に本田望結ちゃんの可愛らしくもあり、子供と大人の間のような声がピッタリでした。

リズと青い鳥

「お静かに」

冒頭でお話しした、鑑賞中に唾を飲み込むのも躊躇われたのは何故か?

音がとても繊細だから。

靴音。制服のスカートが擦れる音。鍵を開ける音。

静かな劇場の中にこの音たちが響くと、心の細かなひだが共鳴して、

“あ、この感じ知ってる”

それが永遠だと思っていた頃。

自分の高校時代や、友達との些細なやりとりが思い出されます。

この“音”“音楽”について山田監督は、

リズと青い鳥

「今回音楽は『聲の形』の牛尾憲輔さんに劇伴を作っていただいて、もう一方で、“リズと青い鳥”の音楽はシリーズ(「響け!ユーフォニアム」)の時からずっと音楽をつけてくださっている松田彬人さんが作ってくださっているので、今回二つの色がくっきりあると思います。」

「劇伴の方は希美とみぞれを包んでいる学校というものを音にしてみた、みたいな感じです。彼女たちを見守る目線であるとか、彼女たちが歩いたり、髪を揺らしたり、スカートを膨らましたりするものがどんどん音楽になってくような、学校だったり、彼女たちが音楽になっていくイメージです。」

そして、“リズと青い鳥”のオーボエ演奏シーンはゾワゾワきますよ!

青春のキラキラと苦さ、儚さを、

是非とも劇場で集中して、いい音でご覧ください!

 

ポップコーンを買っても食べられないかもなので、ご注意を。

 

 

『リズと青い鳥』
公開日:2018年4月21日(土)
劇場:全国にて
配給:松竹
公式HP:http://liz-bluebird.com/
(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

▼作品ページ
https://cinema.co.jp/title/detail?id=81945

リズと青い鳥

新着コラム

vol.74『ジャンクション29』ボイメン水野勝くん、田中俊介くん、本田剛文くんインタビュー

ボイメン4人のオムニバス 29歳。私にとってはかなり前のことで、当時の自分の状況や何に悩んで何を考えていたのか、いまいち思い出せません。 世間一般の女性はちょっ…

vol.73『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』スペシャルファンナイト

魔法ワールド体感してみて! 11月23日に公開になり、週末興行ランキング1位の『ファンタビ』。 もう皆さんはご覧になりましたか? 『ファンタビ』公開日に109シ…

vol.72『くるみ割り人形と秘密の王国』小芝風花さんインタビュー

くるみ割り人形ってどんな話? 子供の頃お友達のおばさんにバレエ「くるみ割り人形」に連れていってもらった。 たぶん小学生低学年。 内容はまったく覚えていない…。(…

vol.15 映画『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督編

インタビュー:伊藤さとり インタビュー日:2018年11月15日(木)   ーーお二人がご一緒するのは、今回が初めてなんですよね。 池松:共演もなかっ…

vol.71 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ワールドツアーファイナルプレミア in JAPAN レッドカーペットイベント

日本がファイナル! 行ってきました! 昨日行われた『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』レッドカーペットイベント。 来日したキャストは、主人公ニュ…

神取恭子(かんどり きょうこ)

フリーアナウンサー、椙山女学園大学非常勤講師。愛知県西尾市出身、1977年生まれ。
現在は名古屋テレビ放送の情報番組「デルサタ」、音楽番組「BOMBER-E」にレギュラー出演。
2002年から名古屋テレビ放送(メ〜テレ)の局アナウンサーを勤め、番組「ドデスカ!」や「昼まで待てない!」などで映画監督、俳優、ハリウッドスター500人以上にインタビューを行い、舞台挨拶の経験も豊富。
他にも、報道現場でのリポートやスポーツ番組のリポーターを勤めた。
ANNアナウンサー賞 ナレーション部門受賞。
趣味は映画鑑賞(年間200本以上)、お肉を食べること(お肉検定1級)、プロレス観戦。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
映画『愛がなんだ』特報映像解禁! 岸井ゆきの【テルコ】と成田凌【マモル】幸せそうな2人。 でも恋人じゃない。<一方通行の恋> 2019年4月、全国公開

2018.12.12

『アバター』を超える驚異の映像はJ・キャメロンの原作への愛が生み出した!!『アリータ:バトル・エンジェル』世界最速特別映像試写会&トークイベント

2018.12.12

監督兼主演として 世界最高齢 88歳 クリント・イーストウッドが日本に向けてメッセージ! 全米が驚愕!前代未聞の実話を映画化!豪華キャストも登壇のワールドプレミア開催!

2018.12.12

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
『アクアマン』の続編を製作か

2018.12.12

リース・ウィザースプーン、人気小説を映画化へ

2018.12.12

ヒュー・ジャックマン、オーディション番組の審査員に

2018.12.12

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『宵闇真珠』プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『宵闇真珠』プレスシート(非売品)
『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ

グッズ3名様

『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ
『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

その他5組10名様

『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP