『ドラゴン・キングダム』北京ワールドプレミア

2008.04.18

“全世界待望!!ハリウッドがついに実現させたジャッキー・チェン × ジェット・リー夢の初共演!世界に先駆け北京でワールドプレミア!!”
『ドラゴン・キングダム』北京ワールドプレミア
オリンピックが開催される北京で、このたび『ドラゴン・キングダム』のワールドプレミアが開催され、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、奇跡の初共演を果たした2大スターの他、人気絶頂の女優、リー・ビンビンとリュウ・イーフェイ(akaクリスタル・リュウ)、監督のロブ・ミンコフ、脚本のジョン・フスコ、そして『マトリック』や『グリーン・デスティニー』等で有名なアクション監督ユエン・ウーピン(彼はジャッキーの出世作「酔拳」や「蛇拳」の監督)などハリウッドで活躍しているメンバーが集結しました!これら本作に関係するスタッフ・キャストに加え、中国の有名人も多数来場したプレミアム試写会の会場は、北京市内にある朝陽公園の中に特別に設置された1500人収容のテント会場!!世界各国から集まった約200名の報道陣とおよそ500名のやじうまが見守る中、レッドカーペットセレモニーが華やかに開催されました!!


______________________________________________________________________________
『ドラゴン・キングダム』北京ワールドプレミア
■ジャッキー:「皆さんこんにちは。私は、これだけたくさんの方々が世界各地からお越しいただき大変嬉しく思っています。海外からお越しいただいた方々は北京で楽しいひとときをおくられることを願っています。アメリカの青年が中国を舞台に繰り広げるこの物語は、「全世界に対して、我々中国の知恵と魅力を表現したもの」という事も出来るでしょう。それと同様に、笑いが盛りだくさんのこの映画は、全世界の人々へのプレゼントと言えるでしょう」
■ジェット:「各マスコミの皆さん、僕の故郷である北京にお越しいただき、嬉しく思っています。この映画は(子供も楽しめる作品になった)家族全員のための映画です。そしてまた、北京オリンピックを迎える今年、地球全体が家族ですから…ぼくは、人類は皆家族だと思っています」
■ジャッキー:「我々のアクション監督だったユエン・ウーピンが二人のアシスタントに一度見本の型をさせ、僕ら二人に見せました。そして、いきなり本番です!リハーサルは?と聞いたけど、すぐに本番!バババっとやってカットと言われて、今の二人ともすごくよかった、でももう一度やろうと言われ、どうして?と言ったら、二人とも早すぎると。その感覚というのがまるでダンスのようで、チャチャチャと、暗黙の了解のうちに動いていたのです」
■ジェット:「まるで卓球をやっているような感じで、長年ずっと映画を撮ってきて、相手がサーブを打ってくれるとそれを返して、相手のスピードが速くなってくると自分も速くなる。相手がゆっくりになれば、自分もゆっくりになる」
■ジャッキー:「毎回、アクション監督には、もう少しゆっくり、もう少しゆっくりと言われていました。最初は、ジェットが芝居で格好だけやるのかと思っていたので、僕もそのつもりだったのが、実際にやってみると本気で向かってきて、彼がかなり力を入れてくると僕も力を入れることになって…ただお互いの感覚というのはすごく良く合っていました」
■ジャッキー:「そしてさらに、アメリカの青年役の彼には、30数年前に、(アクション監督の)ユエン・ウーピンが、僕を有名にしてくれた蛇拳と酔拳の技を全部託しました」
______________________________________________________________________________
『ドラゴン・キングダム』
配給:松竹
公開:7月26日より新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
©2008 J&J Project LLC
出演:ジャッキー・チェン/ジェット・リー/マイケル・アンガラーノ/リー・ビンビン/リュウ・イーフェイ
監督:ロブ・ミンコフ
撮影監督:ピーター・ポウ
アクション監督:ユエン・ウーピン
ストーリー
現代のカンフーおたくが、彷徨いこんだ古代の帝国<キングダム>。伝説の2人の師匠(ジャッキー・チェン&ジェット・リー)が、旅の仲間とともに巨悪に挑む!!2008年夏、映画史上最強タッグが、最大の冒険に挑む!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP