『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』初日舞台挨拶

2008.04.14

“電王の目から涙がポロポロ…ライダー勢ぞろいの初日&電王卒業式”
出席者:佐藤健(仮面ライダー電王役)、瀬戸康史(仮面ライダーキバ役)、中村優一(仮面ライダーゼロノス役)村井良大(鈴木一哉役)/関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一、杉田智和(イマジンズとキバットバット3世の声優陣)、金田治監督
『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』初日舞台挨拶
毎年夏に恒例の「劇場版 仮面ライダー」が、今年は一足先に、春にやってきた!テレビで大人気を博し、惜しまれつつも1月にシリーズを終えた『仮面ライダー電王』が、再び劇場版として映画となったのだ。そもそもライダーシリーズは、1シリーズから劇場版が1本。しかし電王は、昨年夏の『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』に続き、ライダー史上初めて1シリーズから2本の劇場版が生まれることに。


_____________________________________
新宿バルトの劇場では、第一回の上映後、監督・出演者と声優たちが大集合。舞台挨拶を行った。ステージ上には、肝心の電王役、佐藤がいないが…まずは出演者からご挨拶を。
■中村(ゼロノス):「みなさんこんにちは!今日はもう見ていただいた、ということですが…ぜひ、もう一回見てください!」
『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』初日舞台挨拶■瀬戸(キバ):「みんなもう見たんですね。ぜひ二回目もお願いします!ゼロノスと電王とキバの夢の共演ということで、撮影はとても楽しかったです。最初はちょっとアウェーな感じもありましたけど(笑)、中村くんも(佐藤)健くんもすごくフレンドリーで、楽しかったです!」

■村井(警視庁・鈴木刑事役):「みなさん、映画は楽しかったでしょうか?え~、今日は満足していただけた、ということで…気をつけて帰ってください!(笑)」
続いては、主人公・良太郎に憑依するイマジンズ、キバのパートナー的存在であるキバットバット3世の声を演じた声優たちが挨拶。
■関(イマジン・モモタロス):「入ってくるなり熱気がムンムンで、余韻が伝わってくるみたいですね。今回は刑事ものということですが、僕はこの映画は「西部警察」を超えたんじゃないかな、と思ってます!」
■遊佐(イマジン・ウラタロス):「本当に、映画館とは思えないくらいの熱気ですね。子供さんもたくさんいますが…え~っと、不適切なセクシー・シーンもございまして…この場を借りて深くお詫びをいたします(笑)」
■てらそま(イマジン・キンタロス):「もう一度劇場版になったら嬉しいと思っていたんですが、夏に続いてこういう形になったのはみなさんのおかげです。本当にありがとうございました!」
■鈴村(イマジン・リュウタロス):「みなさん、もう一回見たくなったでしょ?何度も見られる娯楽映画になってます!リュウタロスは、顔の怖い人を追っかけまわすシーンがありますが、あのライブ感は、すごい撮影をしているとしか思えません!みなさん、もう一度見て、確かめてください」
■杉田(キバットバット3世):「キバッてるね!(笑)…よい子のみんな、これ(キバットバット3世のベルト)がないと、誰だかわかんないでしょ? 今回は、電王さまと関われることがすごく光栄でした!今回は刑事ものをやったので、次は学園ものかなぁ?」
そして最後に、金田監督からご挨拶。
■金田監督:「撮影は、昨年の12月から1ヶ月くらいでしたが、本当に寒い中こごえながら行いました。でも画面ではこごえていなくて、みんな溌剌といい仕事してくれました。キバの瀬戸くんは、テレビの1~2話をやってるときから劇場版に参加してくれて、見事に演じてくれています。ありがとうございました!」
それぞれ挨拶が終了し、舞台挨拶はこれで終了か、と思いきや、ここで突然、「俺、参上~!」と電王の声が!今回の映画の主役、佐藤健がステージに登場した!
『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』初日舞台挨拶■佐藤:「みなさんこんにちは。お久しぶりです!今日は、ギリギリまで来られるかわからなかったんですが、来られて嬉しいです。モモタロスたちと久しぶりに会って、それだけで感動してしまったんですが・・・懐かしいですね。今回の作品は、実は昨日の夜DVDで見たんですけど、懐かしいっていう感情がまず出てきちゃって、涙が出てきちゃいました」
ちょっぴり感傷的になってきた様子の佐藤、再び顔を上げて、
■佐藤:「僕が一番好きなシーンは、(中村演じる)侑斗にウラタロスがとり憑くシーンです。あのシーンはちょっと新しかったですね。劇場版の2もやりたい、とほぼ冗談で言ってたんですけど…夢は叶うもんですね!これも、応援してくれたみなさんのおかげです。本当に感謝しています!電王はこれで最後となってしまいますけど…ぜひ、劇場版キバに便乗させてもらいたいと思ってます(笑)」
さてここで、イマジンの声優さんたちから、シリーズを卒業する佐藤へ一言ずつエールの言葉が。
■関:「インフルエンザのときも頑張ってやっていた健くんの姿が目に焼きついてます」
■遊佐:「1人何役もこなして、精神的にも肉体的にも大変な撮影だったと思うけど、すごくいい表情をしてました」
■てらそま:「4人のおじさんが青年にとり憑きましたが、本当にいい素材にとり憑かせていただいたと思います」
■鈴村:「シリーズが始まった当初、最弱ライダーと言われていましたが、健君のおかげで最後まで芯の通ったライダーになったと思います!」
お世話になった声優さんたちの言葉を聞いて、佐藤の目からは抑えていた涙がポロポロと…。
■佐藤:「本当に、生まれて初めてこんなに泣いたから…。ありがとうございます」
と、感極まった様子。客席からは「健くん、がんばって~!」と声援も飛び交った。そして最後に、笑顔に戻った佐藤から一言。
■佐藤:「みなさん、いつか未来で!」
_____________________________________
『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』
配給: 東映
公開: 2008年4月12日
劇場:新宿バルト9ほか全国にて
公式HP:http://www.den-kiva.jp/
あらすじ
悪の組織を作ろうとするネガタロスたちが、銀行を襲撃した!事件解決のために「デンライナー署」が立ち上がり、モモタロスたちは早速捜査を開始する。良太郎は警視庁から派遣されてきた鈴木刑事と協力して、ネガタロス一味のアジトを突き止めるが…。
_____________________________________
プロフィール
佐藤健佐藤健
1989年3月21日、埼玉県生まれ。テレビ番組などへ出演するうち、2007年1月から放送のシリーズ「仮面ライダー 電王」で、ライダー史上最年少で初の平成生まれのライダーとして抜擢され、人気を得る。瀬戸康史 1988年5月18日、福岡県生まれ。テレビドラマや映画『となりの801ちゃん』『天使がくれたもの』に出演。またミュージカル「テニスの王子様」などで活躍している。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP