『クローバーフィールド/HAKAISHA』製作J.J.エイブラムス インタビュー

2008.04.04

謎に包まれた映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』 その仕掛け人が語る!
出席者:J.J.エイブラムス
『クローバーフィールド/HAKAISHA』製作J.J.エイブラムス インタビュー
2007年7月2日、『トランスフォーマー』の上映館で、なんの前触れもなくスクリーンに映し出されたドキュメンタリー・タッチのティーザー・トレーラー(特報)。ホームパーティーを撮影していたビデオカメラが捕らえたものは、突然、N.Y.の街が破壊され、恐怖に慄き、逃げ惑う人々の姿だった・・・
さらに劇場ロビーには、首のない自由の女神がデザインされたインパクト大のポスターが掲出された。
その後も、この謎の映画の正体は極秘のものとされ、ネット上には映画の本筋ではない周辺情報が掲載され始めた。そして、全米公開2ヶ月前にして、この未知の映画のタイトルが『Cloverfield』だと発表される。
さまざまな憶測が飛び交うなか、2008年1月、全米で公開され大ヒットを記録。早くその全貌が知りたい!日本人の渇望感がマックスに達したこの4月、遂に『クローバーフィールド/HAKAISHA』が日本上陸を果たした。
今回は、『M:i:3』の監督で、本作の仕掛け人であるJ.J.エイブラハムに、本プロジェクトについて語ってもらった。そこには“HAKAISHA”がなんであるのかのヒントが隠されていた。


_____________________________________
謎の映画としてここ日本でも大きな話題になっていますが、この盛り上がりを仕掛けた張本人として、どう捉えていますか?
■J.J.エイブラムス(以下、J.J.)「話題になっているのは嬉しいよ。去年の夏に露出した特報から火が付いたんだけど、特報や予告編は“どういうものなんだろう?”という興味を沸き立たせるものであり、あまり多くを解説してはいけなと思っている」
この企画自体、『M:i:3』の来日中に浮かんだそうですね?
■J.J.「8歳になる子供とおもちゃ屋さんに行った時に、ある怪獣のフィギュアを見かけたんだ。そこからインスピレーションを得たんだけど、その手の映画を従来通りには作れないから、違った形で作りたかったんだ」
その怪獣はかつてアメリカでも暴れましたが、そこからは何もアイディアは浮かばなかったんですか?
■J.J.「逆にアレが弊害だった。『キングコング』のリメイクもそうだけど、製作費が莫大だ。スタジオはお金のかかる怪獣映画には、あまり手を出したがらない。だから安く怪獣映画を作る方法はないかと考えた末、ビデオカメラで撮影するというアイディアが浮かんだんだ」
ビデオカメラで撮るメリットは?
■J.J.「ひとつの視点からしか撮れないので制限はあるけど、その分安く、そして、怖く出来る。二つのメリットがあるよ」
主人公が日本の企業に就職したという設定等、日本がいろいろと絡んできますが、それは日本で本作のアイディアを得たからですか?
■J.J.「日本でインスピレーションを得たので、出来るだけ日本というキーワードを散りばめたかった。アイディアは日本から来たのに、主人公が日本に行くのはシニカルだと思ったんだ。そして、更に主人公が日本に行く前に、“日本”がやってくるんだ(笑)」
全貌を伏せて公開するというアイディアは、どのような経緯から生まれたのでしょうか?
■J.J.「スピルバーグがモンスターやエイリアン、恐竜、サメを公開前に見せないのと同じだよ。セオリーだ。キャスト、スタッフとこの“映画について一切口外しない”という契約書を交わしてから、本編を撮る前に特報を作った。特報がお披露目された時に、誰も知らない映画になるようなサプライズを仕掛けたかったんだ」
本作にとって、特報や予告編はとても重要なウエイトを占めているようですね
■J.J.「僕が子供だった頃は、予告編を見て、初めてその映画の存在を知ることが多かった。でも今はテレビや雑誌、インターネットで情報が全部流れてしまう。語りすぎるのは逆効果になるから、タイミングと適度な情報量が大切だと思っているよ」
インターネットで様々な情報を出していった狙いは?
■J.J.「この作品はひとつの視点でしか描いていないから、全てが語られる訳ではない。いろんな視点をストーリーに付け加えられるように、インターネットで情報を流したんだ」
具体的には?
■J.J.「ソファーでのびている女性のバックグランドがネット上で語られている。また、シャツに描かれているロゴは主人公の勤める会社で、そのホームページも存在する。ほかにも一杯あるから、調べればより深く、そして、多角的に本作が楽しめる。でも、ジェットコースターのような映画だから、インターネットで調べなくても、十分に楽しめると思うよ」
9.11を連想させるのですが、影響はありますか?
■J.J.「9.11の時、僕はあそこから4ブロックしか離れていないところに住んでいたんだ。あの体験は忘れられない。ニューヨークが舞台だから、どうしても9.11を思い出すと思うけど、それがこの映画の目的ではない。この映画の目的は得体の知れない何かが攻撃をしてくる様を、出来るだけリアルに描くことだ。確かに、現代社会は大きな不安を抱え、人々は何か恐怖を感じながら暮らしている。映画というファンタジーを通じて、その恐怖を体感すれば、その恐怖はカタルシスになると思う」
<関連記事>
※『クローバーフィールド/HAKAISHA』 マット・リーヴス監督 インタビュー
■プロフィール
J.J.エイブラムス

NY生まれ。ハリソン・フォード主演『心の旅』(’91)、メル・ギブソン主演『フォーエバー・ヤング』(’92)、『アルマゲドン』(’98)等の製作を手掛ける。
1998年、「フェリシティの青春」でテレビに進出。この番組で『クローバーフィールド/HAKAISHA』の監督マット・リーヴスと共同で製作総指揮を務める。この他、「エイリアス」、「LOST」といった大ヒットテレビシリーズにもかかわり、エミー賞にノミネート、「LOST」でゴールデン・グローブ賞を受賞。
2006年には、トム・クルーズの呼びかけで『M:i:3』を監督し、長編映画監督デビューを飾った。現在は、「スタートレック」シリーズの最新版を監督している。
_____________________________________
『クローバーフィールド/HAKAISHA』
公開日:2008年04月 5日
劇場情報:TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて
配給会社:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
オフィシャルサイト:http://www.04-05.jp/
(C)2008 Paramount Pictures. All rights reserved.
取材・文:伊藤P



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
原作者:鈴木光司も大絶賛のシリーズ最新作 映画『ザ・リング/リバース』日本公開&邦題決定
原作者:鈴木光司も大絶賛のシリーズ最新作 映画『ザ・リング/リバース』日本公開&邦題決定

2017.09.20

ジェームズ・ポンソルト監督の初来日も決定!エマ・ワトソンがSNSで24時間をシェアし続ける 『ザ・サークル』本ポスター&本予告解禁!
ジェームズ・ポンソルト監督の初来日も決定!エマ・ワトソンがSNSで24時間をシェアし続ける 『ザ・サークル』本ポスター&本予告解禁!

2017.09.20

映画『羊の木』港町にやってきた、見知らぬ6人の男女 平凡な市役所職員が知った衝撃の事実 彼らは全員、元殺人犯! 圧倒的な衝撃、遂に<特報>初解禁!!
映画『羊の木』港町にやってきた、見知らぬ6人の男女 平凡な市役所職員が知った衝撃の事実 彼らは全員、元殺人犯! 圧倒的な衝撃、遂に<特報>初解禁!!

2017.09.20

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
ダーレン・アロノフスキー監督最新作『マザー!』が不評
ダーレン・アロノフスキー監督最新作『マザー!』が不評

2017.09.20

ハリー・ディーン・スタントン、91歳で死去
ハリー・ディーン・スタントン、91歳で死去

2017.09.20

第69回エミー賞、ニコール・キッドマンが初受賞
第69回エミー賞、ニコール・キッドマンが初受賞

2017.09.20

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『バリー・シール/アメリカをはめた男』劇場鑑賞券

その他2組4名様

『バリー・シール/アメリカをはめた男』劇場鑑賞券
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』劇場鑑賞券

その他2組4名様

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP