『花影』キム・レウォン インタビュー

2008.03.10

“あまりに太っていたので相撲取りかと思いました(笑)”
出席者:キム・レウォン
キム・レウォン
在日三世の尚美(山本未来)は先祖の墓参りに出かけた先で小学校教師のスンウ(キム・レウォン)に助けられる。日本に帰った彼女は不倫相手の土門(石黒賢)から突然別れを告げられ、その後、大きなスキャンダルへと発展し、失意のドン底に。そんな中、韓国から一通の手紙が届く。それは1年前に満開の桜の下で出会ったスンウからのラブレターだった。
大阪と釜山を舞台に繰り広げられるファンタジックなラブストーリー。ヒロインの売れっ子ジュエリーデザイナー役を『不夜城』の山本未来、その相手役を韓国の人気スター、キム・レウォンが好演している。日本映画に初挑戦した彼に、この役に懸けた想いを語ってもらった。


_____________________________________
作品をご覧になった感想をお聞かせください。
■キム・レウォン(以下、レウォン):「(ポスターの自分の顔を指さして)あまりに太っていたので相撲取りかと思いましたー(笑)」
キム・レウォン
いやいや、そんな…(笑)。
■レウォン:「本当に美しくキレイな映画だなという印象を受けました。どんな作品に仕上がるのか気になっていたのですが、とても素敵な映画でした」
撮影現場では監督や共演者に何度も確認をし、細かい部分にまでこだわっていたそうですが、演じるにあたってどんな点を重視しましたか?
■レウォン:「今回はとにかく撮影期間が短かったので、それにコミュニケーションを取るのが難しい状況でしたから、(河合)監督とは何度も話し合いました。寝る直前まで話をした覚えがあります。完成した作品を2日前に拝見したのですが、“撮影中に監督が仰っていたのはこういう意味だったのか”と理解したところもありました。それは観客の方が見てもわからないくらい本当に細かいことなんですが…」
レウォンさんが演じたスンウの愛はとても悲しく切ないものでした。こういった愛情表現は韓国と日本とでは異なると思うのですが、難しくはなかったですか?
■レウォン:「この映画のラスト、クライマックスにあたる尚美が桜の木の下で泣くシーン、そこがやっぱり苦労しました。監督は“ここでスウンも一緒に泣いたほうがいい”と仰いましたが、僕の感じたスウンは、泣いている女性を目の前にしたら一緒に泣くのではなく、温かく優しく抱きしめてあげて、悲しむ彼女を黙って見送るほかにないのかな、と。やはり文化の違いでしょうか。韓国の男性はあまりああいった状況では泣かないような気がしたんです。もしかしたら僕だけかもしれないですけれど、そんなことを考えていましたね。だから、あの尚美が泣いているシーンは僕自身もちょっと自信がなくて…」
尚美役の山本未来さんとの共演はいかがでしたか?
■レウォン:「最初は色々不安もありましたが、俳優同士というのは言葉が通じなくてもお互い心を通わせることができるのだなと、今回の経験ではっきりと分かりましたね。お互いリラックスして演技ができましたし、山本さんは本当に親切で優しい方で楽しくお仕事ができました」
この映画は桜が重要なモチーフとなっていますが、桜にまつわる思い出はありますか?
■レウォン:「桜にまつわる思い出と言えば、今回の撮影で新たにできました! 山本さんが登場するところで、スタッフが上から桜の花びらを散らす場面があるのですが、僕もスタッフにお願いして(花びらが入った)カゴを1回ふらせてもらったんです。それが大切な思い出になりましたね(笑)」
では、韓国でオススメの桜のスポットを教えてください。
■レウォン:「もしソウルにいらっしゃったら汝矣島(ヨイド)。そこは桜祭りもやっていますしオススメですね。あと僕の生まれ故郷の、江原道の江陵(カンヌン)に鏡浦台(キョンポデ)海水浴場という所がありまして、その辺りも美しい桜並木がありますのでぜひ一度足を運んでいただきたいと思います」
来月お誕生日ですが、今年はどんな年にしたいですか?
■レウォン:「うん、ちょっと戸惑っちゃいました(笑)。(しばらく考えて)今年はとにかく皆さん全員が幸せで健康な1年であってほしいと望んでいます」
_____________________________________
『花影』
配給:アステア
公開日:2008年3月8日
劇場情報:シネマート六本木、新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開
公式HP:http://hana-kage.jp/
©2007株式会社花影フィルムパートナーズ
────────────────────────────────────────
■人物紹介
キム・レウォン
■キム・レウォン
1981年3月19日生まれ。中央大学演劇映画科在学中の1997年にドラマ『私』でデビュー。2003年のドラマ『屋根部屋のネコ』でブレイクし、『ラブストーリー・イン・ハーバード』(04年)、映画『マイ・リトル・ブライド』(04年)などで数々の演技賞を受賞し若手トップスターの地位を確立。その他の出演作は、映画『Mr.ソクラテス』(05年)、『ひまわり』(06年)、ドラマ『君はどの星から来たの』(06年)など。放送前から話題の新作ドラマ『食客』が韓国で5月スタート予定。
取材・文:北島恭子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
百田夏菜子(ももクロ)登壇 ゾロリママ役に挑戦した百田夏菜子、母性を込めたシーンがたっぷり!「巨大ドーナツタワー」で30周年をお祝い!!『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』完成披露試写会
百田夏菜子(ももクロ)登壇 ゾロリママ役に挑戦した百田夏菜子、母性を込めたシーンがたっぷり!「巨大ドーナツタワー」で30周年をお祝い!!『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』完成披露試写会

2017.11.17

カンフーとヨガ、総人口23億人超えの合い言葉は“開脚”!!奇跡の出会いが生んだ奇跡のビジュアルが到着!『カンフー・ヨガ』
カンフーとヨガ、総人口23億人超えの合い言葉は“開脚”!!奇跡の出会いが生んだ奇跡のビジュアルが到着!『カンフー・ヨガ』

2017.11.17

生田斗真 × 瑛太『友罪』佐藤浩市 夏帆 山本美月 富田靖子 他 第二弾キャスト発表!
生田斗真 × 瑛太『友罪』佐藤浩市 夏帆 山本美月 富田靖子 他 第二弾キャスト発表!

2017.11.17

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
タラジ・P・ヘンソン、リメイク版『ハート・オブ・ウーマン』で主演
タラジ・P・ヘンソン、リメイク版『ハート・オブ・ウーマン』で主演

2017.11.17

マーク・ハミル、米ディズニーランドのスター・ツアーズに突如登場!
マーク・ハミル、米ディズニーランドのスター・ツアーズに突如登場!

2017.11.17

サム・メンデス監督、実写版『ピノキオ』から離脱
サム・メンデス監督、実写版『ピノキオ』から離脱

2017.11.17

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『ダンシング・ベートーヴェン』試写会(東京・ニッショーホール)

試写会5組10名様

『ダンシング・ベートーヴェン』試写会(東京・ニッショーホール)
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』特製絵巻マスキングテープ

グッズ5名様

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』特製絵巻マスキングテープ
『ジグソウ:ソウ・レガシー』タトゥシール

グッズ5名様

『ジグソウ:ソウ・レガシー』タトゥシール
TOHOシネマズ上野 劇場鑑賞券

その他3組6名様

TOHOシネマズ上野 劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP