『ペネロピ』 クリスティーナ・リッチ インタビュー

2008.02.01

全ての女性に勇気を与える、キュートでスイートな現代版おとぎ話
出席者:クリスティーナ・リッチ
『ペネロピ』 クリスティーナ・リッチ インタビュー
『キューティー・ブロンド』シリーズのリース・ウィザースプーン製作による、コンプレックスをポジティブなものに変えてくれるチャーミングなラブストーリー。王子様の登場を待っているだけでは“呪い”の解けない主人公は、コンプレックスを抱えながらも、自らの力で運命を切り開いて真実の愛を見つけていく。
そんな純粋で前向きな女の子を好演したのは、若手人気女優のクリスティーナ・リッチ。
大きな豚の鼻をつけたり、マフラーで顔を半分隠したりする難しい役にもかかわらず、持ち前のピュアな存在感で、女の子のかわいらしさを全身からにじませている。そんな彼女が、作品に対する想い、また、これからのキャリアについて朗らかに語ってくれた。


_____________________________________
いつも“はまり役”を演じているクリスティーナ・リッチさんですが、出演する作品はご自分で選んでいるんですか?
■クリスティーナ:「作品選びに関しては、その時々で違います。例えばこの『ペネロピ』は、私に直接オファーが来たけれど、前作の『ブラック・スネーク・モーン』などは、私がやりたいと思ってオーディションを受けました」
『ペネロピ』に出演を決めた理由は?
■クリスティーナ:「私はもともとおとぎ話が大好きで、出たいと思っていたんです。脚本を読んでみて、かわいらしくて面白いお話に興味ったし、何より、自分の力で前向きに進む主人公に今までのおとぎ話と違う印象を受けたので、やってみたいと思いました」
豚の鼻をつけての撮影がほとんどでしたが、最初に鼻をつけたときの印象はいかがでしたか?
■クリスティーナ:「最初に鼻をつけたのはスクリーンテストの時でした。始めに監督が気に入っていた鼻が、リアルなしわや毛だらけのあまりにも醜くい鼻で、部屋にいた人々も息をのむほどだったんです。それで、私の方から、テレビ番組のマペットのミス・ピギーみたいな、少しかわいらしい感じにしてほしい、とお願いして、監督の求めていたものとの間ぐらいの鼻に収まりました」
撮影が続くにつれ、豚の鼻には慣れましたか?終わってはずした後、物足りないような、さみしい感じはありましたか?
■クリスティーナ:「たしかに時間が経つにつれて、鏡を見ても違和感がなくなりました。でも、やっぱり付け心地がいいものではないので、はずした時は嬉しくて、まったくさみしい感じはなかったです(笑)」
『ペネロピ』 クリスティーナ・リッチ インタビューこの作品は全ての悩める女性に勇気を与えていますが、リッチさん御自身は、どのように悩みやコンプレックスを克服しますか?
■クリスティーナ:「私は自分の性格に悩むことがあって、社交的な場が苦手でした。仕事でインタビューなどがあると、その日一晩中、自分の発言や振る舞いに関して後悔したり思い悩んだりしていました。でも、自分のあら捜しをしたところで、まったくハッピーじゃないしプラスにならないな、とある時気づいたんです。それから、あるがままの自分でいることがハッピーにつながるんだ、と思うことにしました。だから、自分の欠点ばかり気になる時には、あえて楽しいことをしようとします」
リッチさん御自身の外見や性格で気に入っているところは?
■クリスティーナ:「背の低いところが気に入っています。ちょっと変だけど、どんな小さな場所にもはまることができるサイズだということが誇りです(笑)。例えばどんな部屋に入っても、アクション映画のワンシーンを想像して、誰かが空気口から脱出しなきゃいけない時、自分がいけるなぁー、なんて想像をします(笑)。性格に関しては、物事のおもしろい部分に目をむけて、楽しむことができるところが気に入っています」
幅広いジャンルの映画、役どころをこなすリッチさんですが、役作りは撮影前に入念におこなう方ですか?それとも現場での演技の流れにまかせる方ですか?
■クリスティーナ:「そもそも何かの役を演じるとき、そのキャラクターを深く理解していなければ演じられないと思うんですね。だから、その人物を理解できないと思ったら、役は受けません。もちろん時代背景や舞台となる場所など、リサーチが必要な点はありますが、基本的に私は、アクセントとか外見以外の細かい準備はしない方です」
映画の中で、顔を見ないでお互いに惹かれあう、というシーンがありましたが、リッチさん自身、実際にそのようなことがあり得ると思いますか?
■クリスティーナ:「もちろんです。今はネットでの恋愛もあるし、実際に、電話上だけで恋に落ちたという話も聞いたことがあります。私自身もそういうロマンスを信じる方です」
今回の映画では、衣装もセットもとてもかわいらしかったんですが、御自身のお気に入りの衣装はありますか?
■クリスティーナ:「ウェディングドレスです。理由は、まさにウェディングドレスだから! です」
今後どのようなお仕事をしていきたいですか?
■クリスティーナ:「どうなっていくのかは、自分でも分かりません。でも、それがこのお仕事の楽しいところでもあると思います。『ペネロピ』は、前作の『ブラック・スネーク・モーン』の一ヶ月後に撮影が始まったんですが、その当時、ヘビーな作品に涙が乾ききっていて、まったく泣けなかったんですね。
だから、全然違うペネロピを演じるのはとても楽しかったんです。それからまた、そのすぐ後に『スピード・レーサー』というアクション映画をとって、それもまた、すごく楽しめました。だから、できればこの先のキャリアも、今までと同じぐらい様々なタイプの作品に関わり続けていけたらな、と思います」
映画によって様々な顔を見せてくれるクリスティーナ・リッチ。そのピュアな存在感は、今後の様々な作品において、さらに多くの観る者を魅了するだろう。
_____________________________________
『ペネロピ』
配給:東京テアトル、デスペラード
公開:2008年3月1日
劇場情報:テアトルタイムズスクエアほか全国にて順次公開
公式HP:http://www.penelope-movie.com/
(C)2006 Tatira Active Filmproduktions GmbH & Co. KG
あらすじ
裕福な名家の一人娘であるペネロピは、先祖の呪いによって豚の鼻と耳を持って生まれた。呪いを解く方法はただひとつ、名家の“仲間”が彼女に永遠の愛を誓うこと。屋敷の中だけで少女時代を過ごしたペネロピは、18歳になると、何人もの花婿候補とお見合いを続けさせられる。しかし、彼女の顔を一目みた求婚者たちは、恐怖に避けんで、逃げ出すのがお決まりのパターンであった。そんなある日、彼女は1人の青年に出会う……。
_____________________________________
プロフィール
『ペネロピ』 クリスティーナ・リッチ インタビュークリスティーナ・リッチ
1980年カリフォルニア州生まれ。8歳の時に、学校のクリスマス劇に出演していたところを、地元の演劇批評家に見出され、90年『恋する人魚たち』で映画デビュー。その後『アダムス・ファミリー』シリーズのウェンズデー役が絶賛され、95年のヒット作『キャスパー』で一躍スターとなる。98年に『バッファロー’66』、『I love ペッカー』、『熟れた果実』での演技により、ナショナル・ボード・オブ・レビューの助演女優賞に輝く。その他、『スリーピー・ホロウ』(99)、『耳に残るは君の歌声』(00)、『モンスター』(03)、『ブラック・スネーク・モーン』(06)など、メジャー映画からインディーズ作品、コメディーからホラーまで、幅広いジャンルで活躍している。
取材・文:田辺奈緒



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』山田孝之、知英、GLIM SPANKY、KenKen、オカダ・カズチカが登壇 世界よ、これが映画だ!!
『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』山田孝之、知英、GLIM SPANKY、KenKen、オカダ・カズチカが登壇 世界よ、これが映画だ!!

2017.09.22

事故か事件かー豪華キャストによる世紀の大逆転劇『空飛ぶタイヤ』ウルトラティザービジュアル解禁
事故か事件かー豪華キャストによる世紀の大逆転劇『空飛ぶタイヤ』ウルトラティザービジュアル解禁

2017.09.22

ハン・ソロじゃない!ミレニアム・ファルコンの新船長現る…?「スター・ウォーズ」史上最も“カワイイ”キャラクター登場!いたずらっ子でトラブルメーカーな新キャラ【ポーグ】に注目
ハン・ソロじゃない!ミレニアム・ファルコンの新船長現る…?「スター・ウォーズ」史上最も“カワイイ”キャラクター登場!いたずらっ子でトラブルメーカーな新キャラ【ポーグ】に注目

2017.09.21

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
レオナルド・ディカプリオ、環境保護のために20億円以上の寄付
レオナルド・ディカプリオ、環境保護のために20億円以上の寄付

2017.09.22

アーロン・ポール、第1子が誕生へ
アーロン・ポール、第1子が誕生へ

2017.09.22

リアム・ヘムズワース、同性婚支援をオーストラリア国民に訴える
リアム・ヘムズワース、同性婚支援をオーストラリア国民に訴える

2017.09.22

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『アトミック・ブロンド』劇場鑑賞券

その他2組4名様

『アトミック・ブロンド』劇場鑑賞券
『バリー・シール/アメリカをはめた男』劇場鑑賞券

その他2組4名様

『バリー・シール/アメリカをはめた男』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP