『アドリブ・ナイト』ハン・ヒョジュ インタビュー

2008.01.29

“主人公と同じ立場だったら、私も身代わりに人の最期を見守るかも…。”
2008年1月18日
出席者:ハン・ヒョジュ
12
『チャーミング・ガール』で、“第2のキム・ギドク”と絶賛されたイ・ユンギ監督。待望の新作は、顔がそっくりだという理由で、娘の代役を頼まれ、見知らぬ男性の臨終に立ち会うことになった女性の物語だ。
予定外の出来事、アドリブ続きの奇妙な一夜を体験するヒロイン、ホギョンを演じたのは、韓流ドラマ『春のワルツ』で人気沸騰のハン・ヒョジュ。日本映画が好きで、日本語も勉強中という彼女に、全く新しいアプローチでヒロインを描写した本作について伺った。


_____________________________________
ストーリーと役柄を教えて下さい。
■ハン・ヒョジュ:「少女から女性に移り変わっていく、20代半ばくらいの年代の女性、イ・ホギョンがある男性たちと一緒に全く見知らぬ所に行って、そこで起こったことや感じたことを描いた物語です」
ちょっと変わった物語ですが、最初に脚本を読んだ時の感想はいかがでしたか?
■ハン・ヒョジュ:「正直言って、最初に読んだ時は、何が言いたいのかよく分かりませんでした。2回3回と読んでいくうちに、言葉では言えないのですが感じるものがあり、主人公がとても魅力的に感じられました。全体的に奇妙な感じがしますが、そこに魅力を感じて引き受けることにしました」
Hh2奇妙なところの1つに、主人公のイ・ホギョンについて、ほとんど語られていないというのがあります。彼女をどのような女性として演じられたのでしょうか?
■ハン・ヒョジュ:「ある1日の出来事を描いている映画ですので、登場するキャラクターは描かれていない部分が多いのですが、見えないところで息遣いが感じられる作品だと思います。イ・ホギョンという人物を演じるにあたり、監督と相談していろんな状況設定をしました。ホギョンは、自分の人生に対する意志が弱く、懐疑的に思っていて、思春期のように悩んでいるのではないか、など、話し合いの中で考えながら決めていきました。会社に入ったけど適応できなくて辞めてしまったとか、子供の頃からの友達がたった一人しかいないとか、キャラクター設定を考えていきました」
それは、最初から監督の中でイメージが出来ていたのですか?それとも二人でアイデアを出し合って作り上げていったのでしょうか?
■ハン・ヒョジュ:「監督がこうしたい、ああしたいということではなく、役作りは自分でするしかありませんでした。監督はイ・ホギョンの雰囲気や気持ちの動きが引き出せるようにリードしてくれました。イ・ホギョンの成長の過程をノートにびっしりと書いて、こういう場合はどうしたらいいかなど、想像しながら演じました」
Hh3これまで、誰かの臨終に立ち会ったことはありますか?
■ハン・ヒョジュ:「中学の時、祖父を亡くしたのですが、見送ることもなく急に亡くなったので、信じられなかったですね。亡くなったと聞いた時はどうしていいか分からずにただただ泣いた記憶があります。ホギョンは娘の代役ですが、そういう経験があったので、この役を引き受けたというのもあります」
もし、ホギョンと同じことを頼まれたら引き受けますか?
■ハン・ヒョジュ:「全く同じようにしたと思います。私にも優柔不断なところがあるんですが、同じ状況になったら、お役に立ちたいという気持ちになると思います。やはり、人の最期を看取るのですから、その瞬間に喜んでもらいたいと思います」
_____________________________________
『アドリブ・ナイト』
配給:パンドラ
公開:2008年2月9日
劇場情報:渋谷アミューズCQN他、全国順次公開
公式HP:http://www.adlib-night.jp/
あらすじ
ホギョンは街で若い男性からあることを頼まれる。行方不明の従姉妹の代わりに危篤状態の叔父を看取って欲しいというのだ。戸惑いながらも、断りきれずについて行くホギョンだったが…。
人物紹介
Hh4
■ハン・ヒョジュ
1987年2月22日生まれ。高校在学中、「第9回ミスにっこり選抜大会」で大賞を受賞し、芸能界デビュー。05年、ドラマ「ノンストップ5」に出演し、06年にはドラマ「春のワルツ」で主演に抜擢される。映画は、『マイ・ボス・マイ・ヒーロー』(06)がある。
取材・文: 南野望里子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
木佐彩子が思わず心を動かされた感動の理由とは…!?モーリー・ロバートソン×堀潤×木佐彩子登壇!『15時17分、パリ行き』巨匠クリント・イーストウッド監督対テロ 映画徹底解説 トークイベント
木佐彩子が思わず心を動かされた感動の理由とは…!?モーリー・ロバートソン×堀潤×木佐彩子登壇!『15時17分、パリ行き』巨匠クリント・イーストウッド監督対テロ 映画徹底解説 トークイベント

2018.02.23

藤木直人のギター生演奏!ミゲル役石橋陽彩の歌声は“金メダル級”!松雪泰子、リー・アンクリッチ監督ら♪「リメンバー・ミー」に感激
藤木直人のギター生演奏!ミゲル役石橋陽彩の歌声は“金メダル級”!松雪泰子、リー・アンクリッチ監督ら♪「リメンバー・ミー」に感激

2018.02.23

劇場の大スクリーンで“衝撃”を体感できるのは、あと2週間!『最後のジェダイ』 3月8日(木)、ついに上映終了!国内興収74億円、動員500万人を突破─
劇場の大スクリーンで“衝撃”を体感できるのは、あと2週間!『最後のジェダイ』 3月8日(木)、ついに上映終了!国内興収74億円、動員500万人を突破─

2018.02.23

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
『パディントン』監督、ディズニーの実写映画『ピノキオ』の監督へ!?
『パディントン』監督、ディズニーの実写映画『ピノキオ』の監督へ!?

2018.02.23

ルトガー・ハウアー、『ブレードランナー 2049』は必要なかった
ルトガー・ハウアー、『ブレードランナー 2049』は必要なかった

2018.02.23

ジェシカ・チャスティン、ついに『IT』続編の交渉段階に入る
ジェシカ・チャスティン、ついに『IT』続編の交渉段階に入る

2018.02.23

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』劇場鑑賞券

その他2組4名様

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』劇場鑑賞券
『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』ロイヤル・オペラ『リゴレット』試写会

試写会5組10名様

『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』ロイヤル・オペラ『リゴレット』試写会
『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』特製一筆箋

グッズ5名様

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』特製一筆箋
『ナチュラルウーマン』オリジナル缶バッジ&ポストカードセット

グッズ5名様

『ナチュラルウーマン』オリジナル缶バッジ&ポストカードセット

プレゼント一覧


TOP