『歓喜の歌』小林薫 インタビュー

2008.01.25

“出演者さえも感動させる『歓喜の歌』”小林薫 インタビュー
出席者:小林薫
小林薫
市民会館の主任飯塚は、まるでやる気のないダメ男。大晦日に開催されるママさんコーラスのコンサートをダブルブッキングしてしまう。いやいやながらも両グループの調整に入るが、飯塚に次々と災難が降りかかってくる。
立川志の輔の新作落語を映画化した『歓喜の歌』。日々の日常を懸命に生きている人々を描くことにより、日本人のおかしみや凛々しさを浮き彫りにさせるハートフルな音楽喜劇。
その場しのぎで、いいかげん。事なかれ主義で、悪気はないけど嫌な奴。でもどこか憎めない。そんな魅力溢れる飯塚主任を、絶妙なトボケと間を持って演じたのは小林薫さん。コメディアンとしての側面を遺憾なく発揮した小林薫さんにお話をお聞きしました。


_____________________________________
作品を見ると小林薫さん無しでは成立しないと思いました
■小林薫(以下、小林)「本当ですか?嬉しいですね」
ダメ男なんだけど、どこか憎めない、且つ、あぁ、こういう人いる!と思わせる演技が絶妙でした
■小林「松岡錠司監督が、僕にはそういうセンスがあると発言しているそうなんですけど、果たして、小林薫がそういう素質をそもそも持っているのか、それともそういう芝居が出来ると思ってくれているのか、ちょっと気になりますね」
資料には、本作のトーンである“おかしみ”の部分は小林さんが出してくれた、という松岡監督の発言が明記されていました
■小林「原作や台本がそういうトーンですから、僕が全て出したというわけではないと思います。そもそも喜劇だから笑わそうという思いは、二人とも持っていなかったですね」
あまりディスカッションされなかったのですか?
■小林「しなかったですね。照れくさいんで。撮影前に動きの確認をするぐらいでした。ただ、何かアイディアが思いついたら、提案はしましたけど」
撮影に入る前もディスカッション無しですか?
■小林「打ち合わせと称して、松岡監督から飲みに誘われたんですけど、二人きりというのもなんですからということで、他の役者さんも呼びました。結局、5.6人で飲んだのですが、『歓喜の歌』の話はしないで別の話で盛り上がり、最後にちょっと確認した程度でしたね」
では、台本を読んで小林さんがキャラクターに肉付けしていくなかで、どう演じようと思われたのでしょうか?
■小林「作らないことですね。演じた飯塚は普通の人間です。勤務先の文化会館でカラオケに興じている老人たちに対して、時間だからと容赦なく機材のコンセントを抜いてしまいます。老人たちを善人とするのならば、飯塚は嫌な奴で融通の利かない男です。でもそれは一面でしかないんです。時間の管理という点では、仕事に忠実な人でもあるわけです。そういった人間の持つ多面性が出れば面白いと思いながら演じていました」
そのニュアンスを出せるのが凄いと思ったんです
■小林「そう見てもらえるのは嬉しいんですけど、出そうと思って演じてはいませんでしたね。ひとつの色に決めてしまえばわかり易いと思うのですが、それ以外の面をこぼさずにちゃんと拾うことが大切なのでしょう」
ご自身と似ている部分はありますか?
■小林「どんな役でも、“あっ、こういうところ自分にもあるな”というのはありますね。『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』でもありました。親近感沸きましたよ。飯塚はダメ男ですけど、男にはそういう部分があると思います。自己評価は高いけど、他人から見たらちょっとあそこがマズイよねって」
立川志の輔さんの同名新作落語の映画化ですが、落語をまるまる映画化するのは珍しいらしいですね
■小林「そうですね、僕もちょっと記憶にないですね。元々、志の輔さんの落語自体、お客さんの前でやってみては、修正をしたりして出来上がった作品ですから、かなり練り込んであると思います。ですからテンポや展開は脚本化した時点で、かなりしっかりとしたものになっていました。『歓喜の歌』以外でも、映画化し易い落語はあると思います」
本作をご覧になって、何を感じられましたでしょうか?
■小林「個人的なことで言えば、台本を読んだ時点では、自分の演技のことが頭にありますから、ママさんコーラスの歌や、各人のエピソードにはあまり興味を持っていませんでした。撮影もパートが違うので、立ち会っていなくて全体像が余り掴めていなかったんです。それで完成品を見たスタッフに感想を聞いたら“泣けますよ”と言われて、“えっ?どこで泣くの?”って思っていたんですよ。でも作品を見たら意外なところで泣けたりしましたね。歌の持っている力を感じたし、各エピソードを優しい視点で描いて、群像劇として仕上げた松岡監督の力量も凄いと思いました」
ヘアメイク:熊谷有希子
_____________________________________
『歓喜の歌』
配給:シネカノン
公開:2008年2月2日
劇場:シネカノン有楽町1丁目、アミューズCQN、新宿ガーデンシネマほか全国にて公開
公式HP:http://www.kankinouta.com/
取材・文:伊藤P



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
百田夏菜子(ももクロ)登壇 ゾロリママ役に挑戦した百田夏菜子、母性を込めたシーンがたっぷり!「巨大ドーナツタワー」で30周年をお祝い!!『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』完成披露試写会
百田夏菜子(ももクロ)登壇 ゾロリママ役に挑戦した百田夏菜子、母性を込めたシーンがたっぷり!「巨大ドーナツタワー」で30周年をお祝い!!『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』完成披露試写会

2017.11.17

カンフーとヨガ、総人口23億人超えの合い言葉は“開脚”!!奇跡の出会いが生んだ奇跡のビジュアルが到着!『カンフー・ヨガ』
カンフーとヨガ、総人口23億人超えの合い言葉は“開脚”!!奇跡の出会いが生んだ奇跡のビジュアルが到着!『カンフー・ヨガ』

2017.11.17

生田斗真 × 瑛太『友罪』佐藤浩市 夏帆 山本美月 富田靖子 他 第二弾キャスト発表!
生田斗真 × 瑛太『友罪』佐藤浩市 夏帆 山本美月 富田靖子 他 第二弾キャスト発表!

2017.11.17

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
タラジ・P・ヘンソン、リメイク版『ハート・オブ・ウーマン』で主演
タラジ・P・ヘンソン、リメイク版『ハート・オブ・ウーマン』で主演

2017.11.17

マーク・ハミル、米ディズニーランドのスター・ツアーズに突如登場!
マーク・ハミル、米ディズニーランドのスター・ツアーズに突如登場!

2017.11.17

サム・メンデス監督、実写版『ピノキオ』から離脱
サム・メンデス監督、実写版『ピノキオ』から離脱

2017.11.17

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『ダンシング・ベートーヴェン』試写会(東京・ニッショーホール)

試写会5組10名様

『ダンシング・ベートーヴェン』試写会(東京・ニッショーホール)
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』特製絵巻マスキングテープ

グッズ5名様

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』特製絵巻マスキングテープ
『ジグソウ:ソウ・レガシー』タトゥシール

グッズ5名様

『ジグソウ:ソウ・レガシー』タトゥシール
TOHOシネマズ上野 劇場鑑賞券

その他3組6名様

TOHOシネマズ上野 劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP