『スーパーカブ』 斉藤慶太 インタビュー

2008.01.17

カブは、レースやアクションに向いていないバイク。だからこそ、やりたいと思った。
出席者:斉藤慶太
『スーパーカブ』 斉藤慶太 インタビュー
郵便他、主に配達で使われているバイク、カブ。スピードではなく、耐久性や経済性が好まれ使われている車種だが、そのカブでレースをしてしまう、前代未聞のバイクアクション映画が誕生した。
主演は、TBS「王様のブランチ」の”王子”こと、斉藤慶太さん。元々バイク好きなだけあって、カブへの愛情も人一倍。レースのアクションも7割はスタントなしで実際に演じたという斉藤さんに、撮影中のエピソードやカブの魅力について伺った。


_____________________________________
出演のきっかけは?
■斉藤慶太(以下慶太):「マネージャーから電話が来て、”(出演が)決まったから”っていう話だったんですけど(笑)。カブがアクションやるって、想像できないじゃないですか。僕もバイクが好きで台本読んで、一番に(演じた)武史はカッコいいな、って思ったんで、やりたいなって思いましたね」
バイクではなくて、カブというのがとても新鮮だったんですけど。バイクが好きなら、カブのこともよくご存知ですよね。
■慶太:「カブって本当に昔からあって、形も全然変わってないですし、歴史もあるんですよね。そこがすごく魅力的ですよね」
壊れたカブを修理するシーンがありますが、慶太さんも自分で直したりするんですか?
■慶太:「僕も高校生の頃からバイクにずっと乗ってまして、自分で自分のバイクを改造したりとかしていたので、そのシーンでは昔のことを思い出しましたね。男の子って、子供の頃から機械をおもちゃにして遊んだりしますよね。そういう感覚なんです、僕にとっては。なので、すごく楽しかったですね。直す所は決まっていたんですけど、それでもわくわくする気持ちはありましたね。それで乗ってみると、多少変わってるのが自分でも分かるんですよ。そういうの、嬉しいですよね」
直したカブを撫でながら、「だっせーツラしてんな」って言うシーン、すごく良かったですよ。
■慶太:「カブってレースとかアクションに一番向いてないバイクなんですよ。重いですし。それを直した時に、なんて言うんだろう…宝物を見つけた嬉しさみたいなのがありましたね」
実際、スーパーカブに乗ってみた感想はいかがですか?
■慶太:「乗り心地はそんなによくないんですけど(笑)、乗っていると自分のバイクって愛着が沸くんですよね。(撮影用のスーパーカブが)何台かあったんですけど、その中でもお気に入りの物があったんですよね。クラッチの繋ぎ方とか発進の仕方とか、それぞれ違うんですよね。(ポスターを指して)これが僕の一番好きなカブなんですけど、こいつはいいですよ」
ご自身で気に入っているセリフはありますか?
『スーパーカブ』 斉藤慶太 インタビュー■慶太:「セリフではないんですけど、好きなシーンは、真治がバイクを盗みに行くのを、もうやめろよって止める所ですね。あそこは真治も僕もいい感じで。友達だからこそ引き止めるんだけど、真治はそのまま行っちゃって、僕はバイクに轢かれそうになってよける、みたいな。引き止めるのって、友達だからこそだし。熱くて好きですね」
武史と似たタイプだとお見受けしてるんですが、ご自身ではいかがでしょうか?
■慶太:「バイク好きなことと負けず嫌いな所は似てますね。僕も負けず嫌いですからね。常に祥太がいたので、何かと二人一緒なんですよ。ちっちゃい頃、野球をやってましたし。だから、負けるのだけはイヤだったんですよね」
共演者の方で仲良くなった方はいましたか?
■慶太:「倉科カナさんとは二人のシーンが多かったので、仲良くなりましたね。雨のシーンが多かったので、待っている時にオセロをやったりとか、台本の読み合わせをしたりとか。幼馴染み(という設定)なので、そういう空気が出てるんじゃないかなと。あと、原田(琢磨)君とはよく話しましたね。あまり同じシーンはなかったんですが、すごく面白い人で、いろんな話をしました」
風間トオルさんが頼れるアニキ的な役で出演されてますが、どんな印象でしたか?
■慶太:「風間さんとのシーンは1日で終ったので、話す時間はなかったんですが、最後のシーンで頭叩かれて。台本にも書いてないし、カメラテストでもそんなことしなかったのに、本番になって、思いっきり頭を叩かれたんで、ここで来たか?みたいな(笑)。でも、すごく武史に対する愛情が詰っていましたね。それが本当っに印象に残ってますね」
街中でのロケが多そうですが、何か面白いことはありましたか?
■慶太:「ロケで、群馬以外の関東全県に行っているんです。鏑木屋っていう蕎麦屋は栃木県の宇都宮なんですけど、そこで餃子を食べたり。各地でご当地のものを食べられるのが幸せでしたね(笑)」
他に幸せはなかったんですか?
■慶太:「他の幸せは撮影も楽しく常にバイクと一緒だったんで、本当に気持ちよくやらせてもらいました」
バイクだけでなく、メッセージ性も含んだ作品だと思いますが、作品を通してどのようなことを考えましたか?
■慶太:「僕が思うのは、友達のために自分が犠牲になる。親友ってそういうものだなって。自分が犠牲になっても、こいつとは友達でいたいとか、そういうのはあると思いますし、最近悲しい終わり方の映画が多い中で若い人たちが必死にバイクとか、友達のために、っていうのは、すごくメッセージになると思います。目標がある走りって、ゴールに着くと気持ちいいとか、撮影の中でもありましたね」

衣装協力:ロイヤルクラージュ
PC:http://www.rakuten.ne.jp/gold/royal-courageux/
TEL:03-3760-1990
_____________________________________
『スーパーカブ』
公開日:2008年1月26日
劇場情報:池袋シネマ・ロサほか全国にて順次公開
配給会社:ジョリー・ロジャー
公式HP:http://www.supercub-movie.com/
(C) 2007 Gold Roger LLP
あらすじ
バイクで警察に捕まった武史は、免許を取り上げられ、蕎麦屋のバイト生活を余儀なくされる。しかし、店のガレージで見つけた故障したカブを修理して使うと、出前が早いと客から大評判に。
_____________________________________
プロフィール
『スーパーカブ』 斉藤慶太 インタビュー斉藤慶太
1985年11月18日、神奈川県生まれ。双子の兄・祥太と共に子役として活躍し、TBS「王様のブランチ」等でお茶の間の人気者に。02年『スワンズソング』で映画デビュー。あだち充原作の『タッチ』(05)で、双子で主演を果たし、映画俳優としての実力を示した。千葉真一が監督した『親父』(07)にも出演している。
取材・文: 南野望里子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
映画『世界は今日から君のもの』尾崎将也監督インタビュー
映画『世界は今日から君のもの』尾崎将也監督インタビュー

2017.07.21

『海辺の生と死』満島ひかり演じるヒロインの表情に注目!本編冒頭映像、公開!
『海辺の生と死』満島ひかり演じるヒロインの表情に注目!本編冒頭映像、公開!

2017.07.21

出川哲朗、日本語吹き替え版ゲスト出演決定!ヤバいよ! ヤバいよ!役柄は公開アフレコにて“リアルガチ”で決定!『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』
出川哲朗、日本語吹き替え版ゲスト出演決定!ヤバいよ! ヤバいよ!役柄は公開アフレコにて“リアルガチ”で決定!『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』

2017.07.21

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
『X-MEN: フューチャー&パスト』のショーン・アシュモアがパパに
『X-MEN: フューチャー&パスト』のショーン・アシュモアがパパに

2017.07.21

ベン・アフレック、映画版『Triple Frontier』降板
ベン・アフレック、映画版『Triple Frontier』降板

2017.07.21

ザカリー・クイント、『スター・トレック4』の脚本はまだ進行中!
ザカリー・クイント、『スター・トレック4』の脚本はまだ進行中!

2017.07.21

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『東京喰種 トーキョーグール』カネキマスク(ペーパークラフト)

グッズ5名様

『東京喰種 トーキョーグール』カネキマスク(ペーパークラフト)
『心が叫びたがってるんだ。』オリジナルエコバック

グッズ3名様

『心が叫びたがってるんだ。』オリジナルエコバック
『ギフト 僕がきみに残せるもの』試写会(東京・原宿クエストホール)

試写会10組20名様

『ギフト 僕がきみに残せるもの』試写会(東京・原宿クエストホール)

プレゼント一覧


TOP