『SSエスエス』遠藤憲一 インタビュー

2008.01.07

“役者人生25年。その魅力と苦悩”遠藤憲一 インタビュー
出席者:遠藤憲一
遠藤憲一
ラリーに情熱を傾けながらも、WRC(世界ラリー選手権)参戦直前にミスを犯し、夢を絶たれたうえ、仲違いしてしまった二人の男。一人は自動車修理工場で家族のために黙々と働くダイブツ(哀川翔)。もう一人はカリスマ自動車評論家として成功を収めている栗原(遠藤憲一)。中年に差し掛かった二人は、自分たちの人生を振り返り、やがて過去の落し物に情熱を傾けようとするが...
三菱スタリオン4WD、ポルシェケイマン、インプレッサSTI、32GT-Rなど新旧チューンドマシンがスクリーンを駆け抜けるカー・アクション・ムービーにして、男たちの再生ドラマでもある『SS-エスエス-』
今回は1983年にテレビドラマでデビュー以来、数多くの映画・ドラマ・舞台に出演してきた名バイプレイヤーの一人遠藤憲一さんに、役柄や仕事についてお話をお聞きしました。


_____________________________________
普段は脇を固めることが多いですが、本作では哀川翔さんと二枚看板です。ご感想は?
■遠藤憲一(以下、遠藤)「哀川翔さんとは敵役が多かったのですが、今回は対立しているけど、昔は親友同志だったという一工夫ある役柄だったので新鮮でしたね」
『SS』
車の運転の不安はありませんでしたか?
■遠藤「話を頂いた時は、“やるやる”という気軽な感じだったんですけど、普段あまり運転をしないので、本番に近づくにつれて“ラリーの運転なんか出来んのかよ”と不安になりましたね。でも、専門的な指導をしてくれる方もいましたし、スタッフが様々な撮り方を考えてくれたお陰で、上手くいったので一安心ですね」
車の運転をあまりしない理由は?
■遠藤「ずっと新宿に住んでいて、道は細いし、駐車場も狭いから、それであまり乗らなくなってしまいました。あと都内は渋滞が当たり前だから、時間通りに現場に行けないかもという不安もありますよね。ただ、運転自体は嫌いではなくて、たまに北海道に行って、広大な大地をのびのびと走っています」
演じられた栗原をどういうキャラクターだと捕らえましたか?
■遠藤「栗原に限らず、翔さんが演じたダイブツも中年です。この世代は一度立ち止まって、自分を見つめ直すことが多いと思います。過去を振り返ったり、今置かれた状況に悩んだり。二人ともそうですね。人は挫折すると、素朴になっていくか、外面を飾っていくかのどちらかになることが多いですが、ラリーで挫折した栗原は後者です。でも栗原はダイブツと再会して、忘れていた自分の情熱に目覚め葛藤して、もう一度立ち戻ってきます」
どの辺に注意して演じようと思いましたか?
■遠藤「車を運転しながら、思い悩む気持ちや突き抜ける感情を表現する点ですね。運転技術の先にある心の中の状態を、車の運転シーンで表現しようと思ったので、特にそこを見て感じて頂きたいですね」
ヤクザからダメ男まで幅広く演じ分けていますが、演技のアプローチの仕方は?
■遠藤「最初に探るのは、心の中がどういう状況かということですね。ぶっ飛んだキャラクターの場合は、どこでどう遊べるのかですね。脚本には全てが書かれているわけではないので、何か面白いこと、深いことを文章から探りだしています。何も思いつかない時はなかなか辛いですけど、現場に行って思いつくこともあります」
それでも思いつかない場合はどうするのでしょうか?
■遠藤「台本に書かれているぽいことは出来るんですけど、もう一歩踏み込みたいですよね。生身の人間がやるからこそ出てくる、心の機微とか面白さを見つけたい。それでも文章の世界観を越えられないことはあります。匙加減は難しいですね」
『SS』
さて、哀川翔さんとは敵役が多かったとのことですが、哀川翔さんとはどのような間柄なのでしょうか?
■遠藤「翔さんがVシネをたくさんやっている頃に、ちょくちょくと声をかけてくれました。Vシネへ出演しながら、工夫していく作業を学んでいったので、世代は一緒ですけど恩人のような部分があります」
世代的にも仲間意識的な部分はあるのでしょうか?
■遠藤「先日、佐藤浩市さんと24、5年ぶりに共演した時に、佐藤さんは35年生まれで、俺と翔さんが36年生まれ。この世代は結構しぶといねという話をしました。みんな粗削りなところもあるけど、芯にある真剣さという面では、共通していると感じますね。お互い進む道は違うけど、将来いくつになってもその部分を忘れないでいきたいと思いますね。ベタベタした仲間意識はないけど、一緒に走っている同世代という感じです」
本作品をご覧になって何を感じましたか?
■遠藤「やっぱり立ち止まる世代の話なんだなって。自分も46歳で、20何年も役者をやっていると、常に新鮮な気持ちで取り組めるわけではないんですよね。だから大半は壁にぶつかってしまいます。『SSエスエス』の主人公二人は過去にやったことに立ち戻りますが、自分はこれからも役者を続けなくてはならない。続ければそれだけ悩みを抱えることになりますからね。20代の頃の苦しみとは違いますよ。いろんなことをやってしまった後に、更なる新鮮さを求める苦しみですね。もがき苦しむことから逃げないで、やり続けることが課題だなと思いましたね」
因みに作品選びの基準は?
■遠藤「ないですね。スケジュールが合わない時以外は基本的に受けます。下積みが長かったからか、必要とされて現場に呼んで貰えるのが嬉しいんですよね。ただ、舞台の場合は何度も同じ役を演じ続けなくてはならないので、少し選ばせて貰っています」
やっていない役はもうないのでは?とか思ってしまうのですが?
■遠藤「いやいや、まだまだたくさんありますよ。検事役とかやったことないですよ」
やってみたい役はありますか?
■遠藤「やってみたいというよりも、もっともっとエネルギーを分け与えてくれる人や脚本に出会いたいですね。その出会いのために、頑張って続けていけたらなと思っています」
これだけ忙しいと、オフもなにもないのでは?
■遠藤「いやいや、あります、あります」
休みの日は何をされているのでしょう?
■遠藤「脚本をじっくりと読んでいますね。で、夜は飲みに行っています(笑)。俳優仲間と飲むのも楽しいですけど、近所の人たちと些細な日常会話をするのも、リフレッシュになるので好きなんですよ」
俳優業の魅力は?
■遠藤「内面を掘り下げて、心の中の表現ができることですね。目には見えないけどそこにある。それを自分の体で表現できるのは魅力的です」
では最後にメッセージをいただけますか?
■遠藤「車好きでも、車に興味がなくても楽しめる作品ですので、是非劇場にお越しください!待ってます!」
<遠藤憲一 プロフィール>
1961年生まれ。1983年、テレビ「壬生の恋歌」(NHK)でデビュー。以降、数多くの映画、ドラマ、舞台に出演し、強烈な存在感をアピール。今では日本映画界になくてはならない名優として名を馳せる。また、俳優だけでなくナレーションの仕事や監督、脚本もこなしている。主な映画出演作には『金融腐食列島・呪縛』(99)、『あずみ』(03)、『明日の記憶』(06)、『さくらん』(07)、『自虐の詩』(07)などがある。
_____________________________________
『SS-エスエス-』
公開日:2008年01月12日
劇場情報:新宿トーアほかにて
配給会社:リベロ
オフィシャルサイト:http://specialstage.net/



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
『海辺の生と死』満島ひかり演じるヒロインの表情に注目!本編冒頭映像、公開!
『海辺の生と死』満島ひかり演じるヒロインの表情に注目!本編冒頭映像、公開!

2017.07.21

出川哲朗、日本語吹き替え版ゲスト出演決定!ヤバいよ! ヤバいよ!役柄は公開アフレコにて“リアルガチ”で決定!『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』
出川哲朗、日本語吹き替え版ゲスト出演決定!ヤバいよ! ヤバいよ!役柄は公開アフレコにて“リアルガチ”で決定!『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』

2017.07.21

窪田正孝がコーヒードリップでおもてなし!豪華ゲストのサプライズ登壇に、マスクをつけた“喰種”たちが大熱狂!『東京喰種 トーキョーグール』公開直前イベント
窪田正孝がコーヒードリップでおもてなし!豪華ゲストのサプライズ登壇に、マスクをつけた“喰種”たちが大熱狂!『東京喰種 トーキョーグール』公開直前イベント

2017.07.21

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
『X-MEN: フューチャー&パスト』のショーン・アシュモアがパパに
『X-MEN: フューチャー&パスト』のショーン・アシュモアがパパに

2017.07.21

ベン・アフレック、映画版『Triple Frontier』降板
ベン・アフレック、映画版『Triple Frontier』降板

2017.07.21

ザカリー・クイント、『スター・トレック4』の脚本はまだ進行中!
ザカリー・クイント、『スター・トレック4』の脚本はまだ進行中!

2017.07.21

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『東京喰種 トーキョーグール』カネキマスク(ペーパークラフト)

グッズ5名様

『東京喰種 トーキョーグール』カネキマスク(ペーパークラフト)
『心が叫びたがってるんだ。』オリジナルエコバック

グッズ3名様

『心が叫びたがってるんだ。』オリジナルエコバック
『ギフト 僕がきみに残せるもの』試写会(東京・原宿クエストホール)

試写会10組20名様

『ギフト 僕がきみに残せるもの』試写会(東京・原宿クエストホール)
『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ムビチケ

その他2組4名様

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ムビチケ

プレゼント一覧


TOP