『シルク』 芦名星インタビュー

2007.12.19

皆で仲良く楽しく、ひとつの作品を作り上げようという雰囲気の現場でした。
出席者:芦名星
『シルク』 芦名星インタビュー
第20回東京国際映画祭のクロージング作品として上映された『シルク』に、ひときわ印象に残るシーンがある。蚕卵を求めて、雪深い村にやってきたフランス人青年と日本人の少女が言葉もなく視線を絡ませあうシーンだ。その魅惑的な少女を演じたのが芦名星さん。本作でフランソワ・ジラール監督に見出された大型新人だ。


_____________________________________
名匠フランソワ・ジラール監督の壮大なラブロマンスに抜擢された訳ですが、出演のきっかけは?
■芦名星(以下芦名):「オーディションです。前日に脚本を頂いて、翌日監督とお会いしました。その時に、また会いたいと言われて、次にお会いしてから1週間後に決まったと報告を聞きました。最初にお会してから決まるまで2、3週間くらいでしたね」
即決という感じだったのでしょうか?
■芦名:「後から聞いたら、監督は最初に会った時に、自分の中では決まっていたと言っていましたね。自分の中で思い描いていた女の子が現れたと思ったようですね」
偉大な監督とのオーディションで、緊張しませんでしたか?
■芦名:「前日に脚本をもらって、”明日、そのオーディションを受けてもらうから”と言われて、受けただけなので、自分が『シルク』に出られるとは思っていなかったんです。『明日、外国の監督と会うんだ~、ルンルン』とか、そんな感じにくらいしか思っていなかったので。映画に出たいという気持ちに辿りついてもいなかったという感じでしたね。
『絶対にムリ!』だと思っていたので、緊張はしなかったですね。
でも、20分くらいで終ると言われて中に入ってみたら、実際は1時間半くらいかかって。あれ、20分経ったのに何で終らないんだろうって思ったくらいから、もしかして、ということがありえちゃうかなという気持ちになって(笑)。それから緊張し出したという感じですね」
セリフが一言もありませんでしたが、難しそうだとは思いませんでしたか?
■芦名:「セリフがないから悩んだということはなかったですね。最初に脚本を読んだ時は、内容が理解できませんでした。でも、私が演じた少女が登場するシーンはなんとなくイメージが出来ていました。出演が決まってすぐ準備期間に入って、日本舞踊と茶道を習って内側からの美を学んで、それに栄養士さんがついてくれて、それを3ヶ月くらい続けて。脚本については、撮影に入る1週間くらい前に役所広司さんとマイケル・ピットとセッションして、細かいところまで詰めて。本番の時は、それまでのものを出すだけの状態まで作り上げていたので、そういえば私、一言もしゃべってない、って終ってから気が付いたくらいでしたね」
どんな気持ちで演じたか、覚えていますか?
■芦名:「演じている時は集中力が途切れないようにするだけですね。監督からは『感じたままに演じて』と言われていたので、そのようにしました。後から、『素晴らしい』という一言をもらえたので、これでよかったんだと思いました」
豪華な共演者に囲まれての撮影はいかがでしたか?
■芦名:「皆さん、映画やテレビで存じ上げている方ばかりだったので、最初は緊張しましたが、現場に入れば皆一緒なんだよという雰囲気で、本当に仲良く楽しく、一つの作品を作り上げるという方向に向かっていて。「セイ、セイ」と呼んでくれて、可愛がって頂きました。マイケルとは冗談言い合ったり、写真を撮ったり、本当に普通に接してくれましたね。役所さんや國村さんに食事に連れて行って頂いたりして、”英語のセリフが難しい”と話しているのを聞いて、こんなこと考えてるんだなと思ったり」
比較的世代が近い本郷奏多さんとは?
■芦名:「本郷さんはすごく静かなイメージがあったんです。現場で会うことは少なかったのですが、たまに一緒になるとすごく静かで。でも、東京国際映画祭で再会した時は、”お久しぶりですっ!”みたいな感じで、変わったなって思いました」
この映画を通して、女優として成長したと監督が話していましたが…。
■芦名:「自分ではよく分かりませんが、言いたいことを言えるようになりましたね。楽しくやろうよ、っていう現場だったので、すみません、すみません、ていう感じではなくなりましたね。現場では音楽をかけて、よく踊ったりしていましたね」

映画では静のイメージの芦名さんですが、インタビューでは気さくに話してくれました。艶やかな黒髪の美しさに監督が一目惚れしたとしても不思議ではない方でした。
_____________________________________
『シルク』
配給:アスミック・エース エンタテインメント
公開:2008年1月19日
劇場情報:日劇3ほか全国東宝洋画系にて
公式HP:http://www.silk-movie.com/
(C)2006 Jacques-Yves Gucia/ Picturehouse Productions
あらすじ
19世紀フランス。エルヴェは美しい絹糸を吐く蚕を求め、妻を残して日本へと旅立つ。初めて見る東洋の雪深い村に戸惑うエルヴェだったが、1人の美しい少女に目を奪われる。
_____________________________________
■プロフィール
『シルク』 芦名星インタビュー芦名星
1983年、福島県出身。高校在学中にスカウトされ、「仮面ライダー響鬼」などに出演。野口照夫監督作品『たとえ世界が終っても』(07)で主演を演じ、話題に。
『シルク』では、目と所作の演技だけで日本の美の象徴となる少女をミステリアスに演じている。
取材・文: 南野望里子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
ライカ大ファンピエール瀧「仕事サボってでも観るべき!」川栄李奈、初のヒール役声優は子供も泣かせる完璧さ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』映画公開記念舞台挨拶
ライカ大ファンピエール瀧「仕事サボってでも観るべき!」川栄李奈、初のヒール役声優は子供も泣かせる完璧さ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』映画公開記念舞台挨拶

2017.11.22

岡田将生演じる【痛男】“伊藤くん”に、豪華女優陣が恨み節【毒女】を演じた木村文乃「コノヤロー!って思っていたよ(笑)」『伊藤くん A to E』完成披露試写会
岡田将生演じる【痛男】“伊藤くん”に、豪華女優陣が恨み節【毒女】を演じた木村文乃「コノヤロー!って思っていたよ(笑)」『伊藤くん A to E』完成披露試写会

2017.11.22

ファンタビのエズラ・ミラーら登場にファン約 1200 人大熱狂!『ジャスティス・リーグ』ジャパンプレミア
ファンタビのエズラ・ミラーら登場にファン約 1200 人大熱狂!『ジャスティス・リーグ』ジャパンプレミア

2017.11.22

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
ジェームズ・フランコ、「X MEN」スピンオフに出演!?
ジェームズ・フランコ、「X MEN」スピンオフに出演!?

2017.11.22

ハリソン・フォード、交通事故を起こした女性を救出
ハリソン・フォード、交通事故を起こした女性を救出

2017.11.22

グウィネス・パルトロウ、またしてもストーカー被害に遭う?
グウィネス・パルトロウ、またしてもストーカー被害に遭う?

2017.11.22

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『ダンシング・ベートーヴェン』試写会(東京・ニッショーホール)

試写会5組10名様

『ダンシング・ベートーヴェン』試写会(東京・ニッショーホール)
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』特製絵巻マスキングテープ

グッズ5名様

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』特製絵巻マスキングテープ
『ジグソウ:ソウ・レガシー』タトゥシール

グッズ5名様

『ジグソウ:ソウ・レガシー』タトゥシール
TOHOシネマズ上野 劇場鑑賞券

その他3組6名様

TOHOシネマズ上野 劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP