『めがね』加瀬亮 インタビュー

2007.09.07

“寂しくて、優しい作品だと思います”
出席者:加瀬亮
『めがね』加瀬亮 インタビュー
どこかの南の海辺の町。旅人タエコは宿泊先の小さな宿に集うちょっと変った人々と出会う。最初は違和感を覚えるタエコであったが、ゆるやかに流れるたそがれの時間を共有するうちに、やがて心地よさを感じ始める。
『かもめ食堂』の荻上直子監督が、小林聡美、もたいまさこと再度手を組み、透明感溢れる映像で“人生の旅”を描いた『めがね』。登場人物が全員めがねをかけ、経歴も不明。すべてが不思議な空間だけれども、それに身を委ねれば何故かリラックスできる。
今回はタエコを追って宿にやってくる青年ヨモギを演じた加瀬亮さんにお話をお聞きしました。


今回演じられたヨモギはどんな役だと思いますか?
■加瀬亮(以下、加瀬)「荻上監督がとても感じの良いキャラクターとおっしゃっていたので、それを出発点にしました。ファンタジーと現実の両方にきちんと足をつけているので、今回の登場人物の中で一番バランスが良いと思います。」
登場人物の経歴が詳しく語られない作品ですが、演じるにあたりヨモギがこれまで歩んできた人生を考えたりしましたか?
■加瀬「事前に荻上監督から役の詳細背景を頂きました。それを参考にしてもしなくてもどちらでも良いと言われたのですが、一通り意識しながら演じました。ただ、説明しない方が膨らむところもあると思うので、いろんなものを入れるというよりは、その都度シンプルに演じるようにしました」
一言では語れない不思議な作品ですが、加瀬さんはご覧になって何を感じましたか?
■加瀬「寂しくて、優しい作品だと感じました」
寂しい?
■加瀬「良い意味です。人が元々持っている寂しさでしょうか。それをそっと埋めてくれるような作品ですね」
とても癒される作品だと思います。加瀬さんは癒されましたか?
■加瀬「癒しという言葉自体あまり使わないですし、良くわからないのですが、独りぼっちだと思ったときに、寄り添ってくれる作品だとは思いました」
本作品の重要なキーワードである“たそがれ”ですが、加瀬さんはたそがれたいですか?
■加瀬「そうですね……ゆっくりしたいかと言われれば、ゆっくりしたいですけど、あんまり僕は思わないですね。誰かのことをじっくり想うとか、誰かと一緒にいられるのであれば、たそがれを過ごしたいと思います」
作品の中に登場するような宿と海と砂浜があって、あんな不思議な人たちがいたら留まりたいと思いますか?
■加瀬「僕はあまり思わないですね(笑)。都会的な部分が今の自分には必要です。例えば、理想で言えば都会に家を持ちつつ、山小屋も持っていて、気分に合わせて調整できる感じが一番自分にあっているような気がします」
では小林聡美さん、もたいまさこさんはじめ、共演者の方々は如何でしたか?
■加瀬「小林聡美さんだけ共演したことがなかったですし、一緒に仕事もしてみたかったので、今回は小林さんの印象が強く残っていますね。ずっと先をいっている女優さんだと思いました。学ぶべきことが多かったですね。小林さんに限らず、この仕事を長く続けながら素敵に年取っていく方々と一緒に仕事をすると、まだまだ自分が知らない豊かな場所があることを学ぶことができます。それが嬉しいですね」
光石研さんはいつもと違うイメージでしたね。
■加瀬「光石さんとは多く共演させて頂いています。本当に素晴らしい役者さんなのでいろいろな面を持っていらっしゃいますが、普段の優しさが今回溢れ出ていると思いました」
比較的年齢の近い荻上直子監督(35歳)の才能をどう評価されますか?
■加瀬「いやー、凄いと思いますね。こういうファンタジー要素があって、自分の独特な世界観を持っている脚本をサラっと書いてきますから。こういう人は今少ないと思います。シャイな方なので、演出は言葉ではなく絵で語るのですが、それがとても映画監督らしくて信頼できました」
この作品に出演して良かったと思うことは?
■加瀬「キャストもスタッフも自分より年齢を重ねた人たちが多く、その人たちの感覚や視点で描かれていると思います。自分が年を取った時にどんな景色を見るのか? 年を取ることが今回の仕事をして楽しみになりました」
『硫黄島からの手紙』をはじめ、このところ話題作への出演が相次いでいますが、何か心境の変化はありますか?
■加瀬「自分自身はあまり変らないですね。でも大きな作品でしか成し得ないことを経験して、今までは小さな作品に凄く愛着を持っていたのですが、その差が無くなって来ました」
俳優業の魅力は?
■加瀬「映画の魅力は出会いと誤算です。映画は一人では成立しません。多くの人が集まって作るものです。呼ばれるうちはなるべく参加したいです。そして、全部キッチリやったからといって、イメージ通り撮れるかというとそうではありません。誤算とアクシデントと偶然から生まれます。この不完全さが魅力ですね」
誤算に関しては『ピンポン』『ベクシル-2077日本鎖国-』の曽利文彦監督も同じことをおっしゃっていました。
■加瀬「そうですか。仮に自分の表現をしたいのであれば、本を書くとか絵を描くとかまったく違う表現方法を選んでいたと思います。役者の場合は自分を出しません。この自分を置いてくるということ自体、日常的ではないですよね? それが面白くて続けているのかなと思います」
『めがね』
公開:2007年9月22日
配給:日活
劇場:テアトルタイムズスクエア、銀座テアトルシネマ、シネセゾン渋谷ほか全国にて
公式HP:http://www.megane-movie.com/
■プロフィール
Cheese_070929_11加瀬亮
1974年生まれ。『五条霊戦記』でスクリーンデビュー。以降、40本以上の映画に出演している。2006年はクリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』でハリウッドにも進出。2007年も『叫び』『それでもボクはやってない』など主演作が数多く公開されている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
津田健次郎、中井和哉、森川智之 ほか 日本語吹替版を華やかに彩る豪華実力派声優が大集結!『ブラックパンサー』
津田健次郎、中井和哉、森川智之 ほか 日本語吹替版を華やかに彩る豪華実力派声優が大集結!『ブラックパンサー』

2018.01.18

岩田剛典 美波 森山未來 田中泯(特別出演)・夏木マリ 河瀨直美監督作品へ初参加の実力派キャスト、遂に解禁!神秘の森・奈良吉野でのオールロケ撮影も無事クランクアップ!『Vision』
岩田剛典 美波 森山未來 田中泯(特別出演)・夏木マリ 河瀨直美監督作品へ初参加の実力派キャスト、遂に解禁!神秘の森・奈良吉野でのオールロケ撮影も無事クランクアップ!『Vision』

2018.01.18

男前女優の新たなステップ!ミシェル・ロドリゲスが語る本音インタビュー『レディ・ガイ』
男前女優の新たなステップ!ミシェル・ロドリゲスが語る本音インタビュー『レディ・ガイ』

2018.01.17

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメ、新作映画のギャラを全額寄付
『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメ、新作映画のギャラを全額寄付

2018.01.18

ジェームズ・ガン監督、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾の公開日を発表
ジェームズ・ガン監督、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾の公開日を発表

2018.01.18

クライヴ・オーウェン、ウィル・スミスの『ジェミニ・マン』に出演
クライヴ・オーウェン、ウィル・スミスの『ジェミニ・マン』に出演

2018.01.18

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『伊藤くん A to E』原作本

その他2名様

『伊藤くん A to E』原作本
『今夜、ロマンス劇場で』試写会(東京・よみうりホール)

試写会20組40名様

『今夜、ロマンス劇場で』試写会(東京・よみうりホール)
『新感染 ファイナル・エクスプレス』黒マスク(5枚セット) 5名様

グッズ5名様

『新感染 ファイナル・エクスプレス』黒マスク(5枚セット) 5名様
『スリー・ビルボード』劇場鑑賞券

その他2組4名様

『スリー・ビルボード』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP