『グッド・シェパード』ロバート・デ・ニーロ監督記者会見

2007.08.09

13年ぶりの監督作を引っ提げて名優ロバート・デ・ニーロ来日!
日時:8月8日(水)
場所:ミッドタウンホールA 
出席者:ロバート・デ・ニーロ(監督・製作・出演)
Cheese_071003_01
『ブロンクス物語/愛につつまれた街』以来となる監督第2作『グッド・シェパード』の10月公開を前にロバート・デ・ニーロが、映画のプロモーションとしては9年ぶりに来日し記者会見を開いた。米国の諜報機関CIAの誕生秘話と冷戦期のスパイ活動を軸に描かれるひとりの男の葛藤に満ちた生き様は見応え充分。主演のマット・デイモンをはじめ、役柄にぴたりとはまった実力派キャストが揃った本作だが、それもそのはず、デ・ニーロ監督にとってキャスティングは映画づくりにおいて最も大切なことだとなんだとか。「現代最高の名優」と称えられ、数多くの名作に出演してきたロバート・デ・ニーロが、製作・出演も兼ねつつ13年ぶりに放つ監督作について語った。


Cheese_071003_02■ロバート・デ・ニーロ「きょうは来てくださってどうもありがとう。この映画を気に入ってくれる人がいればうれしいよ。とにかくありがとう」
『ブロンクス物語/愛につつまれた街』から今回まで13年かかったのには理由があるんですか?
■デ・ニーロ「実は、このプロジェクトを始めたのは8~9年前なんだ。まあ、ここまでくるのにそれだけ時間がかかったということなんだろうね。それと、私は自分が興味を持てるものじゃないとつくる気はないんだ。監督をするにはたくさんのエネルギーを注がなくてはならないから。その頃、同じようなCIAを扱った別の企画を進めていて、それは今回の『グッド・シェパード』よりも後の話だった。それと並行してエリック・ロスの書いた『グッド・シェパード』の脚本を読んで面白いと思ったから、彼に会いに行った。それで、同じような企画があるから一緒にやってくれないかと誘ってみたんだ。エリックは私の企画より『グッド・シェパード』の方をやりたいから、もし、私が監督を引き受けるなら、その続編を書いてもいいよと言ってくれたんだ。それで、私は自分の企画をひとまず脇に置いて『グッド・シェパード』に取り組むことになったんだ。そういう経緯があって、これだけ長い時間がかかったというのもあるね」
Cheese_071003_03そうそうたる俳優陣をキャスティングされていますね。
■デ・ニーロ「キャスティングは最も重要だからね。俳優が役にぴったりでないと監督の仕事は難しくなるし、そんな映画はつくる価値もないと考えている。それがたとえプロの俳優でなく素人であっても役にぴったりであることが重要なんだ。たとえば、主人公の部下レイ・ブロッコ役については、初めからジョン・タトゥーロに決めていた。閃いたんだよ。他の俳優は考えられなかった。ところが、撮影時、ジョンのお母さんが病気でね、とても厳しい状況だったんだ。だから、彼の登場シーンの撮影を後回しにしたり、できるだけジョンに時間的余裕を持って演じてもらった。残念ながら、お母さんは亡くなってしまったんだけどね。そんな中でも集中してとてもよくやってくれた」
『グッド・シェパード』には今日の米国が抱える問題がちりばめられていると思いました。たとえば、移民をビジター(観光客)と呼んだり、国を取るか家族をとるかといった愛国心の問題などです。それは現代の米国に対するデ・ニーロさんの政治的な意思表示なんですか? また、CIAがシークレット・エージェントの名前をリークするという事件が実際に起きましたが、本作の制作過程で影響を受けましたか?
■デ・ニーロ「私にとって映画はパーソナルなものなんだ。この映画には息子や家族、あるいはロシアとの葛藤が描かれているけれど、そういうものはストーリーとして面白い素材だと思っているんだ。その面白さを観客に信じてもらえるように、しかも正直に描くことが私の一番の目的なんだ。だから、自分の考えを表明するというよりも、ストーリーとして面白いものを正直に、観客に信じてもらえるように見せることが仕事だと考えてきたんだ。今、起きている事との関連よりも、ストーリーをいかに正直に語るかということなんだ。もちろん、それは普遍的なものであり、人間社会の重要なベーシックなことだからね、それを観客の皆さんに考えてもらうことなんだよ」
役者であるデ・ニーロさんが監督としてキャストに求めることはどんなことですか? また、カメラの前に立つことと、カメラの後ろで構えることの喜びはどんなものですか?
■デ・ニーロ「ハハハ、私も長年やっているけど、俳優には自分をさらけ出し、エモーショナルな場面を何度も何度も違うアングルから撮られて演じるという辛さがある。それに対して監督は椅子に座って支持するだけなんだ。でも、その代わり俳優は出番が終われば2、3日休暇をとってリフレッシュすることができる。監督はそういうことはできない。毎日が仕事だからね。どちらにも苦労はあるよ。私は監督の仕事が好きでエンジョイしている。俳優を使うこともとても楽しい。『ブロンクス物語/愛につつまれた街』のときはアマチュアの子どもたちに即興的に演技を指導したんだけれど、それはそれで楽しかった。ただ、今回はプロの錚々たる演技陣が揃ったわけだから、随分と違ったものになった。映画は役に対して正しい俳優を選ぶこと、つまり正しい味付け、正しい要素でつくることが大切だからね。そういった意味では、キャスティングに一番苦労したと言えるかな」
Cheese_071003_0413年ぶりの監督作で最もこだわったシーンはどこですか?
■デ・ニーロ「うーん、撮り終わってから一年、いや一年半経っているからね(笑)。そうだな、ジョン・タトゥーロが尋問するシーンかな。4日かかったからね。とにかく、どの場面も難しかったけど」
どのシーンも完璧なんですよね。
■デ・ニーロ「ありがとう」
正しいキャスティングが大切だと何度もおっしゃってますが、マット・デイモンを主人公エドワード・ウィルソン役に抜擢した最大理由を聞かせてください。やはり、エリートを演じるということでエリートでなければいけなかったんでしょうか?
■デ・ニーロ「そう、そのとおり(笑)。主役の候補として3、4人頭の中に描いていたんだ。まず、レオナルド・デカプリオ。でも、彼はものすごく忙しくてね、彼を使うには待たなくてはならなかった。それはスケジュール的に無理でね。他の候補者の一人がマットだった。マットはすぐに引き受けてくれて、実に素晴らしい演技をしてくれたし、ギャラも下げて出てくれたんだよ(笑)。『デパーテッド』が終わってすぐに撮影に入ってくれたんだ」
CIAからはどのくらい協力を得られましたか?
■デ・ニーロ「テクニカル・アドバイザーとしてCIA歴30年のベテランもついてくれたし、とても協力的だったよ」
Cheese_071003_05_2(ここで、和装の菊地凛子さんが花束を抱えて登場。デ・ニーロ監督とは昨年11月にNYで行われたインディペンデント系の映画祭ゴッサム・アウォード以来の再会)
菊地さん、久しぶりにデ・ニーロさんとお会いになるんですね。
■菊地「そうですね、レストランで一度お会いして」
■デ・ニーロ「共通の友だちがいるんだよ」
菊地さんは日本を代表する俳優さんになりましたね。
■デ・ニーロ「もちろん、知ってるよ。(菊地さんに)来てくれてありがとう」
菊地さん、『グッド・シェパード』の感想は?
■菊地「すごく男っぽいというか、男の素晴らしさというか、そこに光と影があって、とても美しい映画だと思いました。役者としてずっと尊敬してきましたし、監督としてもこうやって彼の素晴らしさを見ることができて、ファンとしてはとてもうれしいです」
もし、次回作でオーディションがあるとしたら?
■菊地「もちろん、行きます!」
■デ・ニーロ「ハハハ、いいよ」
イメージ的にどんな役どころがいいと思いますか?
■デ・ニーロ「そうだな……。最初に話した第2作を、今、脚本家が書いているんだけど、もしかしたら……もちろん可能性がないわけじゃないよ」
オーディションに受かるコツってあるんですか?
■デ・ニーロ「あるよ。実は、オーディションの部屋に入ってきた瞬間にわかるんだ。アマチュアの場合なんかはとくに。でも、はずれることもあるんだけどね(笑)」
意外とお茶目なロバート・デ・ニーロ。名優であり名監督でもあるビッグ・スターは笑うととってもキュートです。
Cheese_071003_06
『グッド・シェパード』
配給:東宝東和
公開:2007年10月20日
劇場;日劇1ほか全国にて
■あらすじ
1961年、キューバのカストロ政権転覆を目論む作戦がCIA内部の情報漏れで失敗し、ベテラン諜報員エドワード・ウィルソンは人生最大の危機に直面する。第二次世界大戦前夜、イェール大学在学中に勧誘されたエドワードは、戦中、戦後と優秀な諜報員として頭角を表すが、その陰で、妻と息子は孤独な生活を強いられていた。
■プロフィール
ロバート・デ・ニーロ
1943年8月17日生まれ。ニューヨーク州生まれ。『ゴッドファーザーPART・』『レイジング・ブル』で2度のアカデミー賞に輝く名優。肉体改造も辞さぬ役作りは尊敬の的。『アバウト・ア・ボーイ』など製作を手がけたヒット作も多数。93年に『ブロンクス物語/愛につつまれた街』で監督デビュー。
取材・文:齊田安起子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
百田夏菜子(ももクロ)登壇 ゾロリママ役に挑戦した百田夏菜子、母性を込めたシーンがたっぷり!「巨大ドーナツタワー」で30周年をお祝い!!『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』完成披露試写会
百田夏菜子(ももクロ)登壇 ゾロリママ役に挑戦した百田夏菜子、母性を込めたシーンがたっぷり!「巨大ドーナツタワー」で30周年をお祝い!!『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』完成披露試写会

2017.11.17

カンフーとヨガ、総人口23億人超えの合い言葉は“開脚”!!奇跡の出会いが生んだ奇跡のビジュアルが到着!『カンフー・ヨガ』
カンフーとヨガ、総人口23億人超えの合い言葉は“開脚”!!奇跡の出会いが生んだ奇跡のビジュアルが到着!『カンフー・ヨガ』

2017.11.17

生田斗真 × 瑛太『友罪』佐藤浩市 夏帆 山本美月 富田靖子 他 第二弾キャスト発表!
生田斗真 × 瑛太『友罪』佐藤浩市 夏帆 山本美月 富田靖子 他 第二弾キャスト発表!

2017.11.17

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
タラジ・P・ヘンソン、リメイク版『ハート・オブ・ウーマン』で主演
タラジ・P・ヘンソン、リメイク版『ハート・オブ・ウーマン』で主演

2017.11.17

マーク・ハミル、米ディズニーランドのスター・ツアーズに突如登場!
マーク・ハミル、米ディズニーランドのスター・ツアーズに突如登場!

2017.11.17

サム・メンデス監督、実写版『ピノキオ』から離脱
サム・メンデス監督、実写版『ピノキオ』から離脱

2017.11.17

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『ダンシング・ベートーヴェン』試写会(東京・ニッショーホール)

試写会5組10名様

『ダンシング・ベートーヴェン』試写会(東京・ニッショーホール)
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』特製絵巻マスキングテープ

グッズ5名様

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』特製絵巻マスキングテープ
『ジグソウ:ソウ・レガシー』タトゥシール

グッズ5名様

『ジグソウ:ソウ・レガシー』タトゥシール
TOHOシネマズ上野 劇場鑑賞券

その他3組6名様

TOHOシネマズ上野 劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP