『バイオハザードIII』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日記者会見

2007.08.02

身重のミラが特別映像と共に来日! 砂漠での撮影の苦労を語る
日時:2007年8月2日(木)
会場:グランドハイアット東京(東京・六本木)
出席者:ミラ・ジョヴォヴィッチ
ミラ・ジョヴォヴィッチ
ゲームが原作の人気SFアクションシリーズ最新作にして完結篇『バイオハザードIII』。今年11月の公開を前に早くも主演のミラ・ジョヴォヴィッチが来日し、特別映像の上映と共に会見を行なった。現在妊娠6ヵ月の彼女はふっくらと幸せそうな面持ち。主人公アリスの大量のクローンやゾンビ犬との戦闘、空一面に広がり襲い掛かるゾンビカラスなど、驚きのシーンの連続だった特別映像とは正反対の雰囲気を身にまとっていた。撮影は困難を極めたようで「砂漠では 55~60℃の気温の中で撮影をした。監督は脱水症状で入院してしまうほどの暑さ。機材に砂が入って壊れたり、砂嵐で撮影がストップしたりもした」とのこと。5年間演じ続けたアリスについては「私よりもアリスの方が強くて、決断力もあり、見習うところがあると思う」と、その成長を認めていた。


_____________________________________
ミラ・ジョヴォヴィッチ今回一番大変だったアクションシーンは?
■ミラ・ジョヴォヴィッチ「砂漠での撮影がとにかく大変でした。55~60℃という暑さで、監督は脱水状態になって1週間入院してしまうほど。そんな灼熱の環境で、ワイヤーに吊られていたの。カメラやあらゆるものに砂が入って壊れてしまったり、砂嵐がやって来て撮影が何週間もストップしてしまったりと、砂漠での撮影は自然との闘いだったわ。モーテルのシーンでは少女と一緒にソファに寝ていたんだけど、後でそこでサソリが見つかった、なんてこともあったわね」
特別映像では1作目のシーンと同じ映像もありましたが、あれは撮り直しをしているんでしょうか?
■ミラ「撮り直したものも、以前の映像を使っているものも、両方あるわ。クルーは7年前と全く同じセットを作るのに苦労していたみたい。過去と全く同じ瞬間を演じるのは、女優としてはなかなか面白い体験だったわ。クローンはそれぞれ個体ごとに違うので、それを演じ分けることも同じように面白かったわね。このシリーズは普通の映画とは違う驚きや楽しさがあるの。今回はポール・W・S・アンダーソンが面白い脚本を書いてくれたので、やりがいがあったわ」
5年にわたってアリスを演じ続けましたが、彼女はどんな風に成長しましたか? また自分自身に変化はありましたか?
■ミラ「ご存知のように1作目のアリスは純真無垢で、自分が何者かをわかっていないし、自分の立場を理解していなかった。自分の働いている会社についてもそうだし、自分が何をすべきかもわからなかった。ところが今回は、自分が愛する人々のために犠牲を払い、自己中心ではなく周りを見て自分を見つめ直すことができるようになっている。同じように私も大人になって、以前ほど自分の気持ちを優先させることはなくなったわ。そういうところはアリスと同じ。むしろアリスの方が強くて、決断力もあり、見習うところがあると思う。自分もああいう決断力や自信をもって、いろいろなことをやっていきたいと思うわ」
ミラ・ジョヴォヴィッチ若い頃、映画でゾンビを見て「面白い!」と思いましたか? それともそのシーンが早く過ぎてほしいと思いましたか?
■ミラ「どちらかといえば、目をつぶってそのシーンが終わるのを待っていた方かな。だからある意味では、私がこういった映画に出演しているのは皮肉かも。暴力的な映画はあまり観ないし、ゾンビ映画もひょっとしたら「バイオハザード」シリーズ以外観ていないかもしれない。でもゲームはとても好きで、だからこの映画に出演することになったんだと思う。私以外、特にポール・W・S・アンダーソン以下の男性スタッフはゾンビ映画が大好きよ」
今作ではアリスが急激に能力を伸ばしているとのことですが、具体的にどんな風にパワーアップしたのでしょうか?
■ミラ「今回の作品はより大きく、より美しくなっているの。アリスの場合は自分でコントロールできないくらいの力――たとえば精神力だけでモノを空中に持ち上げてしまうとか、そんな能力を持つようになったわ。それから「スーパーアンデッド」というものも登場するんだけど、彼らはクレイジーで、大きく、強く、賢くなった。狼のように群れて襲うことを計画できるようになったのよ。なおかつうまく逃げることもできるようになった。アンデッドの死体を食べて自分もアンデッドになってしまったカラスも登場するわ。そんな風にクールな要素が増えていて、本当に信じられないくらいいろいろな要素が入っているのよ」
赤ちゃんを産んだ後、『バイオハザードIV』に挑戦する予定は?
■ミラ「わからないわ。一応3部作ということで、この作品でシリーズは終わることになっているけど、「バイオハザード」シリーズはいつも「これが最後」だと言っていたのよ。つまり1作目を撮ったときにはそれで終わりだと思っていて、『バイオハザードII アポカリプス』を作ったときには3はないと思っていたわけ。でもありがたいことに観客の皆さんが観たいと思ってくれたから、続きができたの。このシリーズのマジカルなところは、シリーズと言いつつも各作品がそれぞれしっかりと完結しているところ。『バイオハザードIII』も完結している。でもいつも前作が完成してから次の作品の脚本を書き始めていたようだから、どうなるかわからないわね」
_____________________________________
『バイオハザードIII』
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開:2007年11月3日
劇場情報:日比谷スカラ座ほか全国にて
公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/residentevilextinction/
■あらすじ
全世界にT-ウイルスの感染が広がり、アンデッドの支配されてしまった地上。砂漠と化したこの世界の中、アリスはアンブレラ社の人工衛星による追跡から逃れながら生きていた。彼女は離れ離れになっていたカルロスと再会し、彼のいたクレア率いる生存者一団と行動を共にすることに。アリスたちはアンデッドから逃れるため、安息の地・アラスカを目指すが……。
■プロフィール
ミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチ
1975年、ウクライナ・キエフ生まれ。9歳でテレビ出演を果たすと、『トゥー・ムーン』(88年)で映画デビュー。そしてリュック・ベッソン監督の『フィフス・エレメント』(97年)に出演し、大ブレイクを果たす。その後『ジャンヌ・ダルク』(99年)、『ミリオンダラー・ホテル』(00年)、『ズーランダー』(01年)、『ウルトラヴァイオレット』(06年)などの作品に出演している。女優業のほか、音楽活動、ファッションブランドの立ち上げと、幅広く活躍中。
取材・文:井上真一郎



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
映画『チア男子!!』5月10日(金)劇場公開日決定!阿部真央が主題歌書き下ろし!「君の唄(キミノウタ)」が主題歌に決定!

2019.01.23

15年経っても輝き続ける、永遠の名曲「雪の華」氷の世界で歌う中島美嘉が印象的な楽曲MV入りスペシャルムービー公開

2019.01.23

不死身の男、蜘蛛糸を操る男、最凶の女戦士…スーパーヒーローたちにも意外な弱点が!

2019.01.23

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
ケヴィン・ハート、実写版『モノポリー』に出演へ

2019.01.23

トニ・コレット、アナ・ケンドリック主演作に出演へ

2019.01.23

ヘンリー・カヴィルとアレック・ボールドウィン、新作『ミッション:インポッシブル』で続投?

2019.01.23

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『あした世界が終わるとしても』原作小説

その他2名様

『あした世界が終わるとしても』原作小説
『サスペリア』日本限定!美と狂気の“マダム・ブラン”ステッカー

グッズ3名様

『サスペリア』日本限定!美と狂気の“マダム・ブラン”ステッカー
『ちえりとチェリー』一般試写会

試写会10組20名様

『ちえりとチェリー』一般試写会
愛を詰め込め!『愛唄-約束のナクヒト-』特製キンチャク袋

グッズ5名様

愛を詰め込め!『愛唄-約束のナクヒト-』特製キンチャク袋
英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018/19 ロイヤル・バレエ『くるみ割り人形』試写会

試写会5組10名様

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018/19 ロイヤル・バレエ『くるみ割り人形』試写会

プレゼント一覧


TOP