新田真剣佑×北村匠海:W主演。二人が一つの体で入れ替わる!『サヨナラまでの30分』特報映像・ティザービジュアル解禁

2019.10.08

1008_003

 

『ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『十二人の死にたい子どもたち』『カイジ ファイナルゲーム』などその確かな演技力で話題作への出演が絶えない俳優・新田真剣佑と、同じく『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンド「DISH//」のVo./Gtとして幅広い活躍を魅せる北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』が2020年1月24日に公開となる。

 
「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して。」
アキが遺したカセットテープを再生する30分間、2人は1つの体をシェアする。
新田真剣佑が演じるのは、一年前に死んだ、バンドボーカルのアキ。北村匠海が演じるのは、人と関わる事が苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太。そんな出会う筈のない2人を結び付けたのは、颯太がたまたま拾ったアキが遺したカセットテープ。このカセットテープが再生されるたった30分だけ、アキは颯太の体を借りて入れ替わることができる。アキは颯太の体を借りて、もう一度仲間と音楽をやるために、そしてバンドメンバーで恋人・カナの笑顔を取り戻すために奔走!しかし、次第に2人が入れ替われる時間は短くなっていき・・・。カセットテープが再生される30分という“限りある今”を駆け抜ける、青春音楽ラブストーリーが誕生!この度、本作の特報映像が解禁となった。

 
「俺のこと見える人!聞こえる人!」と声を上げるアキ(新田真剣佑)。しかし道行く人々は誰もアキに気付かない―。そんな印象的なシーンで幕を開ける特報。明るく物怖じしない前向きな性格のアキと、人と接することが苦手で引っ込み思案の颯太(北村匠海)の紹介カットを挟み、全くの他人で性格も正反対の2人が入れ替わるきっかけが明らかになる。それは1年前に死んだアキが遺したカセットテープ。偶然テープを拾った颯太が、再生した瞬間、颯太の体にアキが入り、2人は入れ替わる。共同生活を始めることになるアキと颯太。入れ替わりの瞬間やアキが率いていたバンド「ECHOLL」のメンバーであり恋人のカナ(久保田紗友)、同じくメンバーのヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)の3名とのセッションシーンや自転車を漕ぐ颯太、儚げにこちらを見つめるアキなど鮮やかな映像がふんだんに盛り込まれている。

 
もう一度、仲間と音楽をやるために、カセットテープが再生される30分だけ入れ替わる2人を演じる新田&北村を筆頭に実力派若手俳優が勢ぞろいし、青春感あふれる瑞々しい映像やバンドシーンに彩られた本作。「出会うはずのなかった彼らに起きた、30分のキセキの物語」というNAからも、期待感を最大限に煽る特報となっている。

 
更に、ティザービジュアルも併せて解禁!
プールサイドで分断されたアキと颯太。すでにこの世界にはいないアキと、この世界が苦手な颯太の関係性を表している。アキの「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して」、颯太の「大っ嫌いです、あなたみたいな人。」という劇中セリフからも全く正反対の性格な2人が織りなす物語ということが感じられる。“サヨナラ”からはじまる彼ら全員のひと夏のキセキを描く『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日公開!

 
映画『サヨナラまでの30分』特報 2020年1月24日(金)全国ロードショー
https://youtu.be/qnVEFBpGgig

『サヨナラまでの30分』

公開日2020年1月24日より
劇場 全国にて
配給アスミック・エース

(C) 2020『サヨナラまでの30分』製作委員会



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP