『アイネクライネナハトムジーク』今泉監督も大絶賛!「当たり前のように良い表情が出る」三浦春馬との3度目の恋人役 多部未華子 場面写真&メイキング写真解禁

2019.09.06

0906_002

 
ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を、斉藤和義の音楽にのせ、『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化することでも話題を呼んでいる『アイネクライネナハトムジーク』が9月20日(金)より全国公開となる。

 

本作は、人気作家・伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集で、すでに56万部を売り上げるベストセラー「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)の映画化。出演者として彩るのは、人気実力派の三浦春馬、さらに多部未華子。三度目の共演となる二人の恋を軸に、豪華かつフレッシュな魅力きらめくキャスト陣が演じる、不器用ながらも愛すべき人々のめぐり会いの連鎖を10年に渡り描く。メガホンを取るのは、恋愛群像劇の旗手として今最も注目を集め、「映像化するなら彼しかいない」と伊坂がラブコールを送った今泉力哉。脚本は伊坂原作に定評のある鈴木謙一。さらに、映画の中でもキーとなる主題歌『小さな夜』と劇中音楽をシンガーソングライターの斉藤和義が手がける。多くの才能の<出会い>の連携が生んだ、愛と驚きに満ちあふれた<出会い>についてのラブストーリーだ。

 
この度本作より場面写真、メイキング写真が解禁となった。今回解禁されたのは、主人公・佐藤を演じる三浦春馬と恋人役を演じる多部未華子の劇中写真とメイキング写真。多部が演じるのは、偶然佐藤と出会い、付き合うことになる女性・紗季。本作で、『君に届け』、「僕のいた時間」に続いて3度目の恋人役での共演を果たすことになり、『フィッシュストーリー』に続き、伊坂幸太郎原作の映像化作品への出演となった。撮影のインが遅かった多部さんに対し、今泉監督は「昔から知っている三浦さんとの共演ということもあったのでしょうね。スッと芝居に入ってくれて、美しく映るという欲がないのに、当たり前のように紗季のいい表情が出ていて素晴らしいなと思いました。」と大絶賛。今回解禁された笑顔のメイキング写真からも、三浦とのシーンもリラックスした雰囲気の撮影だったことを感じさせる。3度目のタッグで、お互いへの信頼も築かれている関係性だからこそ醸しだせる2人の恋人姿を是非劇場で。

 

『アイネクライネナハトムジーク』

公開日2019年9月20日より
劇場 TOHOシネマズ日比谷ほか全国にて
配給ギャガ
公式HPhttps://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

(C) 2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP