元バンドマンの父と、LAの医大を目指す娘。やがて二人に訪れる、新たな一歩のための人生の決断。『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』日本版ビジュアル/予告篇解禁!

2019.04.10

0410_003

 

昨年のサンダンス映画祭、サウス・バイ・サウスウエストで話題となった『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』(6月7日公開)の日本版ビジュアルと特報が解禁となった。

 

本作主演のカーシー・クレモンズはTIME誌が選ぶ2018年のベストパフォーマンス女優4位に選出され、メジャー大作『フラッシュポイント(原題:Flashpoint)』の出演が控える注目女優。また助演のサッシャ・レインもダークホースコミックスの再映画化『ヘルボーイ』に出演。現代の若手俳優を代表する女優二人が共演しています。脇を固める俳優には、今やすべての出演作の良質保証印になっているトニ・コレットや大女優ブライス・ダナー。父親役には全米ではすでにブレークし、大作アニメ『SING/シング』で声の演出もしているニック・オファーマン。

 
二人でひとつの人生から、それぞれの人生へ ――
今夜“たびだち”のLIVE開催します!
元ミュージシャンのフランク(ニック・オファーマン)はブルックリンで17年営んでいたレコードショップをこの夏に閉めることにした。シングルファーザーとして娘サム(カーシー・クレモンズ)を育て、成長したサムはLAの医大へ通う事が決まっていた。ある日ふたりでレコーディングしSpotifyにアップロードしたその曲は瞬く間に拡散され、たくさんの人の耳に届くことになる。フランクにとっては急に未来の扉が開かれた気分になるが 、サムには恋人(サッシャ・レイン)や進学など、向き合わなければならない人生の課題は山積みだ。夏は終わりに近づき、フランクもサムも決断を迫られる。二人が新たな人生に一歩踏み出すために。身体を動かしたくなるようなリズムが耳に残る極上のサウンドトラックと、ブルックリンの街並みを背景に、夢に向かって走り出す娘と、その背中を押す父との心温まるハートフルな物語は昨年のサンダンス映画祭やSXSW映画祭で話題となり、いよいよ日本公開となる。

 
『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』予告編1
https://youtu.be/dcdvdqsU1-s

『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』

公開日2019年6月7日より
劇場ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかにて
配給カルチャヴィル
公式HPhttp://hblmovie.jp/

(C) 2018 Hearts Beat Loud LLC



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP