『築地魚河岸三代目』完成披露イベント

2008.05.26

“築地本願寺にレッドカーペット? 長く愛される町にぴったりの新作映画が誕生!”
日時:5月25日(日)
場所:築地本願寺
出席者:大沢たかお、田中麗奈、伊原剛志、森口瑤子、伊東四郎、江口のりこ、温水陽一、松原信吾監督、秦基博(主題歌)
『築地魚河岸三代目』完成披露イベント
静かな佇まいの中を参拝客が行き交う築地本願寺。5月最後の日曜日、ここに普段と見慣れない光景が…。正門から本堂に向かって敷き詰められた、レッドカーペット。今年、350周年を迎えた築地本願寺で、この地を舞台にした映画『築地魚河岸三代目』の完成披露イベントが開かれた。


______________________________________________________________________________
正門から入ってきたのは、これまたお寺とは縁遠い雰囲気のゴージャスな白いリムジン!この日のために駆けつけた、主演の大沢たかおさん、田中麗奈さんをはじめ、監督・出演者たちが続々と降り立った。舞台に上がると、まずは主演の旬太郎を演じた大沢さん、その恋人を演じた田中さんが挨拶。
『築地魚河岸三代目』完成披露イベント
■大沢:「今日はこんなにたくさん来ていただいて、ありがとうございます。去年の夏から秋にかけて撮影をした作品ですが、今年は築地が350周年ということで、ちょうどおめでたい時にこの映画の公開スタートとなり、嬉しく思います。築地本願寺にレッドカーペットというのは、意外な感じですよね。敷く、とは聞いていたんですが、今日見て、本当に敷いてあって…雨が上がってよかったな、と思います」
■田中:「明るくて心が和む映画が出来ました。松原監督や共演の皆さんとご一緒させていただいて、本当に嬉しく思います。末永く愛される映画って、こういうものなんだな、と感じます。レッドカーペットは、びっくりしましたね。築地のイメージとかけ離れていて、その意外なところが新鮮で、この映画にも重なるところがあると思います」
続いては、旬太郎を見守る「魚辰」の大黒柱、英二を演じた伊原さん。
■伊原:「今日は天気にも恵まれ、大勢集まってもらいありがとうございます。リムジンを使って到着したりと、松竹がいかにこの映画に力を入れているかわかりますね(笑)。僕たちも、自信を持ってお送りできる映画だと思っています。僕が演じたのは仲卸の英二ですが、魚河岸を代表するような役です。今日も実際に仲卸の人々に来てもらっていますが、プロの人に見てもらって、英二役にあこがれてもらえたら嬉しいですし、この映画、すでにパート2も企画されているので、またご指導いただきたいと思います」
森口さんは、「魚辰」の面々がひいきにする小料理屋のおかみ役。
■森口:「私が演じた千秋は小料理屋を営んでいるんですが、築地の魚たちのように、元気な人たちが集まってきます。この映画はとっても明るくて、見終わった後に、最後はきっとおなかがすいて帰っていただけると思います」
「魚辰」の二代目という大事な役を担ったのは、伊東四郎さん。
■伊東:「仲卸「魚辰」の二代目を演じさせていただきました。この映画をやっているとき、家では「オレは二代目なんだぞ」なんて言っていて、女房も早く見たいといっていたんですが、ちょうど先日、築地を回ってその後映画を見るというツアーがありまして、それに応募したんですが見事に落選いたしました。仕方なくその日はファミレスでご飯を食べ、「IQサプリ」で終わりにしたと…(笑)」
江口さんは、「魚辰」でお帳簿を担うしっかり者の従業員、エリを演じる。
■江口:「え~、今日はすごいことになってビックリしています。撮影はとっても楽しくて、魚のさばき方なども習って、勉強することばかりでした」
そして、今日は頭が気になる様子の温水さんは、築地市場の情報屋でもある喫茶店のマスター役。
■温水:「喫茶アルプスのマスターを演じました。本当に今日は、雨が上がってよかったです!ホントに…(髪の毛を触りながら)心配していましたので…(笑) え~、この映画が、長いシリーズとなって、築地がさらに盛り上がることを願っています!」
主題歌を歌っている秦さんは、ゲストが登場する前にその歌声を披露。集まったお客さんの中には熱烈なファンもいるようで、大きな声援が飛んだ。
■秦:「主題歌「虹が消えた日」を歌わせていただきました。この曲は初の書き下ろし曲ということで、見終わって胸が熱くなるような映画に少しでも力をお貸しできたのかな、と思います。今日は雨が上がって、曲とシチュエーションがバッチリあいましたね」
最後に、この映画を作り上げた松原監督が挨拶。
■松原監督:「こんな天気の悪いなかに来てくださって、感謝に絶えません。この映画、もうパート2の話があって、その先は海のものとも山のものとも分からないんですが、皆さんが可愛がってくださることで、先の展望も見えるのかな、と思います。え~、話は別のことになりますが、僕の大先輩で恩師でもある木下恵介監督が亡くなられたとき、ご葬儀がこの築地本願寺で行われたものですから、同じ場所でこうして晴れ晴れしい場所に立たせていただいて、(木下監督から)「何をやってるんだよ?」と言われているような気がします。どうか、皆さんにこの映画をよろしく育ててやってほしいと思っています」
『築地魚河岸三代目』完成披露イベント
______________________________________________________________________________
『築地魚河岸三代目』
配給: 松竹
公開: 2008年6月7日 (土)
劇場情報: 丸の内ピカデリー2ほか全国にて
公式HP: http://www.uogashi3.jp/movie/
©「築地魚河岸三代目」製作委員会
あらすじ
商社でエリート街道を突き進むサラリーマン、旬太郎は、恋人・明日香の父が入院したのをきっかけに、明日香の実家である築地魚河岸の仲卸「魚辰」を手伝うことになる。魚のことなど何も知らない旬太郎は、魚河岸で働く人々との出会いや初めての仕事に悪戦苦闘。しかしその中で、サラリーマン生活で忘れかけていた「心のつながり」を感じとっていく。
______________________________________________________________________________
人物紹介
大沢たかお大沢たかお
1968年東京都生まれ。94年にテレビドラマでデビューし、その後多くの映画やドラマへ出演。2004年には
『解夏』で日本アカデミー賞主演男優賞を、2006年の『地下鉄に乗って』で同賞助演男優賞を受賞するなど、映画界を牽引する存在となった。
田中麗奈田中麗奈
1980年福岡県生まれ。98年に映画
『がんばっていきまっしょい』の主演を務めデビュー、日本アカデミー賞新人俳優賞やブルーリボン賞新人賞を獲得する。以後、『はつ恋』『容疑者 室井慎次』『犬と私の10の約束』など映画を中心に活躍している。
松原信吾監督松原信吾監督
1947年東京都生まれ。早稲田大学を卒業後、松竹大船撮影所に助監督として入社する。81年、『なんとなく、クリスタル』で監督デビュー。その後、テレビドラマで手腕を発揮し、「壬生義士伝 新撰組でいちばん強かった男」など多くの受賞作を持つ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP