ジェシカ・チャステイン、新作スパイ映画が撮影開始

2019.07.12

ジェシカ・チャステインジェシカ・チャステインが、新作スパイ映画『355』の製作が始まったことを明かした。出演と製作総指揮を兼ねるジェシカをはじめ、ルピタ・ニョンゴやペネロペ・クルス、ファン・ビンビンなど豪華女優陣をキャスティングした本作では、テレサ・レベックの脚本を基にサイモン・キンバーグがメガホンを取る。ジェシカは、台本の読み合わせや銃の訓練、ボクシングシーンといった舞台裏を映したビデオを投稿し、『X-メン』の撮影の中でキンバーグと共にこの女性中心のアクション映画のアイデアを思いついたと明かした。アメリカ合衆国の独立時に活躍した史上初のスパイの1人であるとされる現在も身元不明の女性諜報員のコードネームをタイトルにした本作では、世界中を混乱に至らせる兵器など新たな脅威に際して、互いに協力するトップクラスのスパイを描く。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP