マット・リーヴス版『ザ・バットマン』、誕生秘話ではない!?

2019.06.11

ロバート・パティンソンマット・リーヴス監督作『ザ・バットマン』は誕生秘話にはならないようだ。『トワイライト?初恋?』のロバート・パティンソンがバットマン役に内定したと先日報じられていたが、ザ・ハリウッド・レポーターによると、2021年公開予定の新作はこれまで言われていたようなバットマンの形成期を掘り下げるものではなく、すでに犯罪者と戦っている姿が描かれるようだ。しかし、ロバート演じるブルース・ウェインがバットマンのマスクをかぶりながらも天才的な探偵になる途上の時期が舞台になるという。リーヴスとしては世界最高の探偵になっていないバットマンという設定を考慮して30歳前後の俳優を探していたそうで、DCフィルムズはマーベル・シネマティック・ユニバースに出演していない33歳のロバートに白羽の矢を立てたようだ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP