ジュリー・アンドリュース、ベネチア国際映画祭で功労賞を受賞へ

2019.03.13

ジュリー・アンドリュースジュリー・アンドリュース(83)が今年度のベネチア国際映画祭で金獅子生涯功労賞を受賞する。『メリー・ポピンズ』や『サウンド・オブ・ミュージック』などで知られるジュリーが、8月28日から9月7日にかけて開かれる第76回式典でその功績を称えられることが8日(金)に発表された。これを受けジュリーは世界最高峰の映画祭として長年君臨する同映画祭で功労賞受賞者に選ばれてとても光栄だとコメントを出している。一方で映画祭側は、若い頃からその類まれな歌唱力と演技力でロンドンやブロードウェイで活躍し、『メリー・ポピンズ』や『サウンド・オブ・ミュージック』で国際的なスーパースターとなってからは、アイコンとして世代を問わず映画好きの人々から愛されているとジュリーを称えた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP