オリヴィア・コールマン、新作で万引き常習犯役!?

2019.03.12

オリヴィア・コールマンオリヴィア・コールマンが新作『Gypsy Boy』に向けて出演交渉中のようだ。先日『女王陛下のお気に入り』のアン女王役でアカデミー主演女優賞に輝いたオリヴィアが、マイキー・ウォルシュの同名回顧録の映画化作でチェーンスモーカーの万引き常習犯、アンおばさん役をオファーされているとデイリー・ミラー紙が伝えた。ベストセラーとなった同原作本とその続編となる『Gypsy Boy: On The Run』では、ジプシーのロマ族の中でのウォルシュの半生や、息子がゲイであることを受け入れられないベアナックル・ボクサーの父親による虐待、そして自身の幸せと健康を求めて最後には家族とその文化を捨てるしかなくなる様子などについてが描かれているその中では、ウォルシュがアンおばさんについていって万引きのコツを教えてもらったことや、床につくほどの長いファーコートに物を隠すのを手伝った様子についても語られている。当初予定されていたベネディクト・カンバーバッチの降板を受け、父親役には現在ドミニク・ウェストが決定しているほか、母親役に向けてはアンヌ=マリー・ダフが交渉中だ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP