サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラルがいない『SATC』はありえない

2018.10.09

サラ・ジェシカ・パーカーサラ・ジェシカ・パーカーは、『セックス・アンド・ザ・シティ』の新作にはキム・キャトラルが不可欠だと考えているようだ。世界的に大ヒットしたTVシリーズや2本の映画と変らぬメインキャストを揃え、新作映画の企画が進んでいたものの、キムの多すぎる要求にワーナー・ブラザースが答えられなかったことが理由と言われながらキムが降板したことにより、昨年9月に製作中止が決定していた。そのニュースを受け、キムはそのような要望をしたことはないと否定し、サラがもう少し良い態度を取ってくれても良かったとコメントしたことで、2人の間に問題があるのではないかという噂が立つに至っていたが今回、キムの演じていたサマンサ役を別の女優が演じるのではないかという説について、サラはその選択肢はないとインスタグラムで断言した。また、サラは4人の白人女性という同シリーズが、多様化を求める現代では時代遅れであるとも指摘している。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP