『007/慰めの報酬』から、伝統のあの名セリフがカットされる!

2008.10.09

イギリスの伝統的作品であるボンド最新作『007/慰めの報酬』から、伝統の名セリフ「ボンド、ジェームズ・ボンド」がカットされることが明らかになった。最初に姓から名乗り、フルネームを名乗りなおしてマティーニをオーダーするのが従来のボンドとして踏襲されてきたが、監督のマーク・フォスターが、あまりに古臭く現代の映画には不適切と感じたため、脚本からそのセリフをカットすることに決めたそう。その古臭さを気に入っている往年のファンは、かなりガッカリさせられそうだ。


☆関連情報(topics) ダニエル・クレイグ(Daniel Craig)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP