ジョニー・デップら、故ヒース・レジャーの娘に養育費を寄贈!

2008.08.26

ヒース・レジャーが、テリー・ギリアム監督の『The Imaginarium of Dr Parnassus』を製作途中の1月に急死したのを受け、監督の要望でジョニー・デップとジュード・ロウ、コリン・ファレルという美男子が3パートに分けてヒースの役を引き継ぐことになったが、それぞれが、出演料をヒースの娘マチルダに寄贈したことが明らかになった。ヒースはマチルダの母親であるミシェル・ウィリアムズとは生前に破局しているが、娘を2人で養育していくことで合意。しかし、ヒースが急死したことで、法に従って多くの遺産をヒースの両親や親族などが引き継ぐことになり、マチルダには十分な財産が残されていない。3人とも子供を持つ父親としてそんなマチルダの将来を心配したようで、素晴らしい志にギリアム監督も感激している。また『ダークナイト』とは別の意味で、ヒースの未完成版遺作となるため、こちらも話題になること間違いなしだ。


コリン・ファレル(Colin Farrell) ジュード・ロウ(Jude Law) ジョニー・デップ(Johnny Depp) ヒース・レジャー(Heath Ledger)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP